トップ > コラム > 笑われた。それは売上アップのサイン

笑われた。それは売上アップのサイン

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ 

中学生の時に聞いた【売上拡大】のアイデア 

ここは、食品製造会社の会議室です。

社長以下、営業本部長、製造本部長、企画部長…、、

会社の主要役員が一堂に会しています。 

順調に伸びてきた売上が、ここ数年横ばい。

周りからは、安定していますね。

と褒められても、内部の反応は違っていた。 

売上は、伸びない、イコール停滞。

取締役が、雁首並べて(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

どうすれば、売上が上がるんだ?

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

秘書のアイデアは、笑われた。 

会議室は、ど~んより重い空気が立ち込めています。

その時、社長の後ろに座ってメモを取っていた社長秘書が、ふと言いました。

「穴を大きくすればいいじゃない。」 

『あっ、シマッタ!』

社長秘書は、思わず、かわいい口元を押さえました。

求められてもいないのに、秘書が差し出がましいことを役員会議の席で出しゃばり発言は、いけません。 

口元を抑えたものの、秘書として叱責を受けるな、と思ったのです。

ところが、斜め横の副社長が、クスッと笑いました。

「確かにそうですよ。穴を大きくすればいい」 

日本国中の食卓に自社の製品を届ければ売上が伸びる。

それを信じて拡販活動をしてきた。

ありがたいことに、広くいきわたった。 

でもそれが今は、売上の上限になってしまっている。

消費量を伸ばす、小さいけれど、確実なアイデア。

それは、日本国中の食卓に置かれた自社製品の穴を大きくすること。 

「なるほど、採用だね。」

副社長のクスッと笑いに、社長がすかさず、アイデア採用を表明しました。

後日、その社長秘書は、【社長賞】をいただいたそうです。

お客様がクスッと笑ったら、 グッドアイデア

お客様と話していて、クスッと笑われたことありませんか?

そんな時、笑われたから、これは失敗だと思ったのではありませんか?

従業員が、お客様からクスッと笑われたら、ダメな奴の烙印を押していませんか? 

「クスッと笑われた。」

それは、販売としてとっても価値あることです。

だって、販売はお客様を心地よくすることが何より大事だから。 

商品の機能が大事なのは、その機能で、お客様の問題解決ができるから。

で、買えば心地よくなるはず、、、

でも、それだけではあなたから買う必要はない、でしょう? 

そうです、あなたは知っています。

商売で大事なのは、あなたから買うこと。

買い物は、あなたとお客様との間に価値のキャッチボールがあるから嬉しいんです。

クスッと笑われたアイデアは、お客様にとって「価値」です。

お客様はそれで、勇気づけられたり、感謝したりする。

「価値」があるから、クスッと笑いという報酬をあなたに返してくれています。 

いつもは、ピンクのパンティの話ばかりする酒問屋の営業部長さんが、笑いもせず、こう言ったのを覚えています。

「すごいよなぁー、穴を大きくするアイデアも、それを笑って採用する社長も」 

―ノグチ

 

P.S.

販売は、商売の基本ですが、これがまた難しいですよね。

いい商品というのは、一生懸命考え作っている。でもなぜ私から買うのか?がなければ自分の商売あがったり、ですよね。

お客様が良い気分を味わうこと、それはクスッと笑いにつながっていますよ。

 

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×