トップ > コラム > 空港で知る、売上UPのキモ

空港で知る、売上UPのキモ

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ 

一週間ほど前、羽田空港の出発ロビーで。 

羽田空港第二出発ロビーは、人でごった返していました。 

折しも季節は行楽の時季。

私が乗る飛行機の目的地も行楽地(?)らしく、ツアーのバッジを付けた中高年のおばさまたちでいっぱいです。 

添乗員らしきお姉さんが、「ノグチさーん、いらっしゃいますか?」

思わず返事をしそうになりましたが、隣の椅子席から「はーい、います。」と声が聞こえてきました。 

(フゥ、返事しなくてよかった。。。) 

どうも、やじうま根性が強いらしく、ついつい周りの話を聞いています。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

 売れる土産品は、何が違う?

今日もそう……

隣のおばさまたちの会話が耳に入ってきます。

おばさまの話題は「お土産、何にするか?」 

「ほら、前回私がこれ美味しかったわよってお茶の時間に話したアレ」

「あ~、あれね。」

「あれは、これから行く〇〇島の名産なのよ。」 

「へ~、名産なの?」

「そう、美味しかったでしょう。でもみんな知らないのよね、名産だって」

 

売れる理由は、ご宣託という宣伝 

どうやら、ツアーに参加した仲良しグループのようです。

グループには、必ずリーダー格がいます。

初めて参加…という人は、このリーダーが頼りの人です。 

特にお土産の購入に関しては、このリーダーさんの意見は大事です。

初めての土地で、何がおいしんだか、何が有名だかわからない。

だから、信頼できる人のご託宣が欲しい訳です。

お土産を買ってきたのに、家族から「なんで…、そんなもの買ったの…」ガッカリです。 

そういわれないお土産が、必要です。

そして、それを知り合いに「少しだけど、本当にいいってみんな言うのよ」と配って歩きたい人種が、ツアー参加仲良しグループには多いのです。 

「でも、なんで名産品が、このガイドブックに載ってないのかね?」 

「そうなのよ、この時期取れる、とは書いてあるけどね。

この商品、そんなに宣伝していないみたいなのね。

まー、値段も安いからそんなに有名だとも思わないじゃない、売ってる人も」

 

 価値は、宣伝からしか生まれない。

 自分たちが売っている商品、宣伝しなくとも、いいものなら売れる、売れ続けると思っている経営者が多くいます。

いいものの基準を、良心的な値段にしているからと答える経営者が多くいます。 

いいもの、価値あるものは、どうやって私たちにわかりますか?

売れている、値段が高い、有名である、、、

いずれも、(情報)宣伝で、私たちが知りえているものです。 

情報の大事なところは、これを買ったら、類似品を買う必要はない!と決めてくれることです。

お土産ならコレ!と決めさせているのは、宣伝です。 

見たら、食べたら、使ったら、次には、経営者がしない宣伝を、お客様がしてくれるとお考えですか?

宣伝しなければ、周りの人たちにいいものだと知らせる方法はないのです。 

 

―ノグチ

 

P.S.

私も、宣伝=誇大広告と思っていた時期がありました。何を見ても買いたくなる、それは宣伝が悪いからだと。

でもわかりました。必要だから買う、なんてないんですね。

“ほしいほしいみんなほしい!デパート一軒全部ほしい!”が、本音です。()

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×