トップ > コラム > 後継社長がもつべき「未来を創る覚悟」と「数字に向き合う姿勢」

後継社長がもつべき「未来を創る覚悟」と「数字に向き合う姿勢」

2020年1月10日 ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

当社では、コンサルティングを終えられた社長さんに対し、より一層ダイヤモンド財務化への取り組みを加速するためのサポート体制も整えています。仕組みの「構築」だけでなく、仕組みを「定着」させることにもチカラを入れています。 

最初は、「会社のお金の流れが分からない…」状態の社長さんですが、1年間のコンサルティングを終え、大きな結果を手にされます。社長さんの人一倍の努力、社員さんと一丸となって手に入れた成果であること自体は何ら変わりません。 

この社長さんがやったことは一つ。
「自社の数字と向き合い、未来に向かっての打ち手を一つ一つ地道に実践すること」です。
本気で自社の数字に向き合うことも、未来に向かっての打ち手をアタマの中でなく、行動に移すことは、社長としての本気の覚悟がなければできないものです。 

成功している社長さんの共通点は、何事も「決めるのは、社長である自分」という本気の覚悟があるという点です。自社の数字と正面からしっかり向き合い、より良い未来を切り拓くためのツールとして「財務思考」を駆使しているのです。 

そのための具体策を具体的に数字で考え決断する。次の一手を打つ。このスピードを速めることが最も重要なことなのです。特に、経営が苦しい時ほど、「スピード」が不可欠になります。 

なぜなら、自然に経営が良くなるようことは、現実的に絶対にあり得ないからです。現実はその逆で、時間が経つほど、事態は悪化していくものです。 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

経営が上手くいっている社長さんは、未来の目標数字を決め、そこから逆算して、今やるべき経営判断を下しています。「次の一手」を何度も考え、徹底的に行動します。経営が苦しくなってから行動しては遅いと考え、その前に、決断を下しています。 

その一方で、経営が苦しい社長の多くは、よくおっしゃいます。 「経営環境が良くないから…」「銀行がお金を思うように貸してくれない…」など、自社の経営が苦しい理由が次々と出てきます。 

社長一人の努力では、解決し難い経営課題が存在するのも現実です。しかし、そんな中、自社の未来をどう切り拓き考えるかが重要となります。出来ない理由を一生懸命に説明するだけであれば、誰にでもできます。 

今現在、社長自身の周りにいる従業員・家族、金融機関・取引先、お客様や市場などなど、全ては最終的に、社長である自分自身が選んだ結果です。 

これは、後継社長でも、創業社長でも「全ては自分自身の決断の結果であること」に変わりありません。自分の人生は、自分のチカラで切り拓くものであるのと同様に、社長の本気の覚悟で、自分の会社の未来はを切り拓いていくべきなのです。 

もし、自分の会社の経営が苦しいと感じるのならば、『社長自身が決断を先送りし、会社の未来を数字で考えるという「経営」をおろそかにしてきた結果である』ということに一刻も早く気付くべきなのです。 

その上で、財務は、社長の事業を通じた夢実現を叶えるための唯一無二のツールであり、最短距離で成功をつかみ取るためのエンジンなのです。強く永く続く会社づくりをしたいと本気で願うのであれば、社長自身が未来を創るという覚悟を持ち、その上で、自社の数字に本気で向き合うための財務思考を身につけるべきなのです。 

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。

あなたは、社長として会社の未来をつくれていますか 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

当コンサルタント開催セミナーがあります。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら  http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。