本物のコンサルティングをより身近に。

知的財産活用の支援と普及の必要性

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、当社における知的財産の位置付けなんですが、重要であるとは思っているのですが、私自身勉強不足なのと、時間がないためあまり手をかけることができていないんです。多分、知的財産に関する情報も入っているとは思うんですが、それも見れてなくて・・・」

これは、先日ある会社へ知的財産に関するヒアリングをさせていただき、私から貴社における知的財産の位置付けに関する認識をお尋ねした際に、その会社の社長様がおっしゃったことを意訳したものです。

実はその日、午前・午後と1社ずつ回ったのですが、いずれの社長様も同じようなことをおっしゃっておられました。業種も、やっていることも全く異なっている会社です。いずれも、非常に業績を上げておられる会社です。

  • 時間がない
  • 他の仕事で忙しい
  • 難しいのでよくわからない

これらは、企業の社長様からよく伺う、「知的財産の取得をあまりされていない」理由ですが、では、上述の会社で知的財産の位置付けを社内で低く設定ていていいのか?と思うわけです。

私なりに思うのは、

「結局、知的財産に興味がないからじゃないのか?」

ということです。

じゃあなぜ、知的財産に興味がわかないのか?ということになりますが、それは「知的財産をうまく活用すれば儲かる」ということを知らないからに尽きるという結論になります。

儲かることを知れば、経営者は必然と興味を持つはずですからね。

このようなヒアリングをさせていただいていて、改めて「経営に貢献できる(=儲かる)知的財産の活用」をもっと広めていかないといけないですし、上述の会社がさらに成長を高めるには、知的財産の取得と活用(=知財戦略)を経営戦略と結びつけて社内に浸透させていくべきであると思いました。

まだまだ私たちも努力不足です。

さらに、企業様に貢献できる知的財産サポートとその普及を進めていく所存です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。