トップ > コラム > 苦手なことは後回しより人回し

苦手なことは後回しより人回し

  成長支援部づくり 岩井徹朗 SPECIAL
岩井徹朗 SPECIAL

成長支援部づくりコンサルタント

ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗

会社の大元となる「総務」を革新すれば、すべての事業部に影響を与え、顧客志向になり、驚くほど業績が伸びる。経営者が着手すべき、「成長支援部づくり」を指導。

苦手なことは後回しより人回し

弊社を含めコンサルタントにご相談に来られる方は、どなたも何らかのお悩みを持っておられます。

「売上が思ったように上がらないので何とかしたい」

「集客に力を入れたいが、マーケティングはどうするの?」

「営業は好きだけれど、経理のことはさっぱり分からん」

「社員に仕事を任せたが、出来が悪くて結局自分でやった方が早い」

「書類が溜まって机の上がごちゃごちゃしており、仕事の効率が悪い」

など、お悩みの大きさや深刻さは様々です。

そして、よくよく事情をお伺いすると

・営業が苦手→お客さんへの訪問件数が少ない→売上が上がらない

・細かい作業は嫌い→数字を把握できていない→資金繰りの悪化に気づくのが遅れる

・人に教えるのが苦手→人材が育たない→社長が仕事を抱え込む

というように、嫌いなことや苦手なことを後回しにしていたために業績不振や業務の非効率化を招いているケースが少なくありません。

もちろん、創業して間もない頃やまだ売上が立たない時期はお金をできるだけ節約するという観点から、経営者自ら嫌いなことや苦手なことにも積極的に取り組むことも必要です。けれども、経営者が嫌いなことや苦手なことにいつも取り組まなければならないかと言えば、それはNoです。そして、伸びている会社の経営者ほど嫌いなことや苦手なことは自分でやらないことを徹底されています。

中小企業が一番力を発揮できるのは、やはり経営者が自分の得意なことに全力で取り組める時です。技術者出身の経営者が交際費と会議費の違いを理解することに時間と労力をかけるくらいなら、そのエネルギーを新商品の開発に集中した方が会社にとってはよっぽど有益です。世界のホンダもあの本田宗一郎さんが自分の一番得意な技術開発に専念できたことが成長の原点でした。

問題はそのバランスをどう取るか。

大手企業の経営者は自ら作業を行うことはありません。部下が作成した資料を基に決断したり、社員の行動に問題がないかを管理することが仕事の中心です。一方で、中小企業の経営者は経営判断や経営管理に加えて、自らプレイヤーとして日々活動することが求められます。このため、最低でも一人三役をこなさないと務まらないのが普通です。

確かに何でもできる経営者はカッコイイです。でも、会社経営にとって大事なのはたとえ格好悪くても、しぶとく事業を続けていくこと。そして、できないことをできないと自覚して人に頼むことはけっして格好悪いものではありません

嫌いなことや苦手なことを後回しにせず、先に人に回して噛み砕いてから飲み込む。苦手な仕事の後回しは会社の倒産につながり、苦手な仕事の人回しは会社の資産につながります

【総務の革新】成長支援部づくりで業績を伸ばす経営視点
岩井徹朗

成長支援部づくりコンサルタント

ヒーズ株式会社代表取締役

岩井徹朗

執筆者のWebサイトはこちら https://www.heeze.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×