本物のコンサルティングをより身近に。

未経験の事態に遭遇したとき、どうしたらいいか?

SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン

代表 

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

「コロナの影響で気持ちが沈んでいます・・・」

「モチベーションが上がらないので、どうしたらいいですか?」

こういったご質問が頻繁に私の元へやってきます。

こういった今まで経験したことがない状況に陥ったとき、   どのようにその事態を受け止め、 そして、どのように行動していけばいいのか?

とても重要な局面です。

こんな時、どうすればいいかというと・・・

今までも私がこのコラムでも何度も言ってきたことですが、《バランス》です。

コロナの情報を得る、ということは大切です。

正しい情報がないと、適切な判断ができないですからね。

でも、ネガティブ情報ばかりインプットしていたら、どんどん心はネガティブな方に傾いてきます。

目と耳から入ってくる情報は、私たちが思っている以上にかなりの影響力があります。

だから、ネガティブ情報を入れすぎないということも考えていかなければいけません。

情報をインプットするのと、情報をインプットしすぎない、という相反することを意識する。このバランスをとっていく、ということです。

もう一つ。

コロナの情報をインプットすることで、恐れや不安を自然と感じるようになります。

ネガティブな感情を抱くようになるので、モチベーションは自然と下がってきます。

そうすると、元通りのポジティブな状態に戻したくなるはずです。

元々ポジティブ思考な人、こんなとき特に注意が必要です。

恐れや不安を感じるのが嫌でネガティブ感情を無視して、無理矢理ポジティブな思考や行動に切り替える人も多いのです。

恐れや不安を見ないポジティブ思考は、一時的には乗り切れますが長期的には歪みが出てきます。

今回のような中長期戦になるものは、無邪気なポジティブ思考だけでは歪みが出てくるのです。

例えば、自分自身へのダメージとして出てくる場合もありますし、大切な周りの人たちがネガティブになってきたりします。

パートナーであったり、子供であったり、仕事のスタッフだったり。。。

本人はポジティブで光り輝いているのでいいのですが、周りの人間はたまったものではありません。

これは、よくカウンセリングでも扱うことになります。

カウンセリングに来られるのは光り輝いている人から歪んだポジティブパワーをまともに喰らってしまった人ですけどね。

これもバランスです

恐れや不安といったネガティブ感情が湧いてきたときには、いきなりポジティブに持っていくのではなく、

しっかりネガティブを感じきった後、自然とポジティブな方へと戻っていきます。

いかがでしょうか。

このバランスってとても大切ですので、日頃から意識してくださいね。

そして、コロナショック後の未来のために

今からしっかり準備しておきましょう。

____________________________________

やたtube(動画チャンネル)登録お願いします ⇒https://www.youtube.com/channel/UCuhEPMb08vPUbPxpxDY-ICg?view_as=subscriber

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。