トップ > コラム > コロナ危機を転機にする

コロナ危機を転機にする

2020年5月18日 通信販売 白川 博司 SPECIAL
SPECIAL

通信販売コンサルタント

株式会社四方事務所 代表 白川 博司

通販戦略なくして事業の成長はない! 20年間にわたり、300社以上の通販立ち上げに携わってきたプロコンサルタントが、経営者のための通販視点とこれからの事業発展の重要戦略について提示。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

新型コロナウイルスに翻弄される生活が2カ月以上続いている。私も、外出自粛要請が出されてから在宅で仕事をしており、外部との接触はスカイプやZoom などを使っている。

月に100 枚の名刺を配ることをノルマとし、人との出会いやクローズドな情報を直に得ることを心がけてきたが、このようなやり方を見直し、再構築する必要に迫られている。

当実戦会においても、国内セミナーや海外ツアーが開催できない状況となっている。6 月から再開予定だが、状況次第ではさらに延期することになるかもしれない。

このようにコロナ禍は、我々の仕事の仕方やライフスタイルを大きく変える分水嶺となるように思う。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

政府が東京オリンピック開催を契機に推奨していたテレワークは、今回のコロナ外圧で実施率が高まっている。また食品や日用品を通販で購入する消費者が急増して、ネット通販や宅配食、配送型のサブスクサービスの需要が拡大しており、今後、通販市場規模とEC 化率を大きく引き上げることになるはずだ。

そして自宅にいる時間が長いことから、料理やエクササイズ、マスクの作り方等々、
YouTube 動画の視聴数が伸びて、動画制作のニーズも高まっている。

このように、日用品の購入をはじめ情報、教育、医療などあらゆるモノ・コトをオンライン上で行う流れを、奇しくもコロナ禍が加速させる結果となっている。

今回は長期戦も覚悟しなければならず、事態の収束には半年~1 年はかかると言われている。巷では「afterコロナ」や「withコロナ」という言葉が飛び交っており、収束後も、感染症対策や3 密に配慮した生活が新常態になるという。

いずれにしても経営者の方々は、「この1 年をどう乗り切るか」「この危機をきっかけに何を得られるか」を考えなければならない状況になっている。

これを契機にネット通販やSNS 活用を強化してみるのもいい。

ネットにより同業他社の動向や競合商品の情報をキャッチアップしたり、デジタル・トランスフォーメーション(DX) を計画するのもいいだろう。

このコロナ危機を事業の見直しを行う転機と位置付け、一緒に乗り越えていこう。

 

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

【儲かる通販戦略】社長のための、通販事業戦略の視点

通信販売コンサルタント

株式会社四方事務所 代表

白川 博司

執筆者のWebサイトはこちら  http://shirakawahiroshi.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。