自分の期限を決める | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

自分の期限を決める

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「自分の期日を決める」です。

元請会社からの工事の工程表。

きっとそれに合わせて毎日の工事施工をこなしているかと思います。

自社施工の遅れは、他の工事施工を遅らせるからです。

何よりも、そもそもお金に関わる、自社売上に直結する重要事項だからです。

工事の請求を出す先方の締め日も決まっています。

その日までに決められた工事が済まなければ、締め日に間に合わず、工事代金の回収がひと月以上後になってしまう事態になるからです。

会社の重要な期日は、あなたも無意識に、間に合うような行動をきっとしていると思います。

なくてはならない強い強制力が加わるからです。

でも、新しい事柄、特に将来に向けた取り組みについてだと、どうでしょうか。

何時いつまでに、これをしないといけない、達成しないといけない。

頭では分かっていても、優先する工事ばかりに気持ちがとられて日にちが経って結局、何一つ事柄が進まないってこと、ありませんか? 

それは、目の前の損得に関わらないで、自分自身を強制するのは、誰しも後まわしになるからです。

でも、そのツケは必ず自分に返ってきます

去年と変わらない売上、あるいは、売上がずっと減少しているなどが起きていても、日々の工事に追われるだけであっという間に1年が過ぎる 

変わらないまま、毎年、歳を取ると、若かった時の体力も能力も下がるから、ますますジリ貧になる。

 

今の経営を改善するには、やっぱり何か、毎日の現場施工以外に行動するしかありません。

毎日忙しいからと、一週間、ひと月まとめて、そういう行動する時間を取れるなら可能かもしれませんが、まったく現実的ではないですよね。 

日々の工事の隙間、或いは強制的にスケジュールを空けて取り組む時間を

確保して、新たなことにチャレンジしないと、あっという間に1年過ぎ歳をとる 

自分の期限を決める

ありたい、なりたい姿、工事店経営があるのなら、期限を決めて、それを実現する行動を、少しずつ達成するしかありません。 

意志の強い人は、当たり前にできるかもですが、そうではないときは、どうするか。

自分以外の誰かに、元請会社の工程表、締め日並みの強制力の発揮してもらうしかありません。

それは、例えば外部指導者であったり、或いは身内の奥様であったりします。 

自分の期限を決める 

実現に何年も掛かる大きな目標を一度にはできなくとも、社長のあなたの目標に共感し、協力してくれる協力者を置くことで、日常工事をしながら、経営改善が進んで結果、変わることが出来ます。 

あなたは、本当は、こうありたい、こんな工事店になりたい目標ありますか? 

それを必ず実現する強い意志はありますか?

それを必ず実現する行動していますか?

 

あなたの目標に共感し、その実現のための目付け役はいますか? 

自分の期限を決める 

いつ期限を決めるか、これ以上歳取る前に決めてください。

 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。