本物のコンサルティングをより身近に。

顧客に提供しているものは「価値」

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、この会社が顧客に提供している価値を考えると、全体の事業戦略のカテゴリーを分け直した方がいいかもしれませんね。全体の戦略マップを作り直してもらいましょう。」

これは、先日リモートにて支援している企業との、事業計画策定前打ち合わせの際に一緒に支援している先生のおっしゃったことを要約したものです。 

支援している企業は、戦前に創業した歴史ある企業ですが、現社長の代になって旧態依然のままでは会社の経営が立ち行かないということで今迄に蓄積した技術ノウハウを使った新たな事業を立ち上げ、成長を模索しています。

その会社への支援の第一歩として、将来を見据えた事業計画策定の支援を始めました。
まず現在の事業を俯瞰し、社長の想いを共有するため現在から将来にわたる事業戦略の簡単なマッピングを作ってもらいました。

上述の先生の言葉は、戦略マッピングについて社長とも意見交換している中で出てきたものです。

あまり詳しくは言えませんが、その会社が将来伸ばしたいと思っている事業は「技術サービス業」に近く、現在の主力事業(製品の受注生産)とは顧客に提供する価値が異なっているはず
なのですが、そこの切り分けが十分でなく、新規事業の戦略が見えにくくなっていたため「顧客提供価値」を軸に作り直してみようということになったということです。

改めて考えると、企業や個人がお客様に提供しているのは「商品」や「サービス」ではなく、「価値」です。

ですから、事業戦略を検討する場合も、「どのような価値を提供するか」という視点で事業を見直さなければなりません。

自社の商品やサービスを通して透ける「価値」が何なのか?
今後、さらに顧客に喜んでいただける「価値」は何か?
それを提供するために必要な資源は何か?

このようなことを検討していく必要があります。

顧客に提供しているのは「価値」である。

忘れないでください。
 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。