本物のコンサルティングをより身近に。

「見せ方」と「顧客誘導の動線」

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、今まで当社も顧客獲得のためいろんな手立てを講じてきました。うまくいかないことばかりでしたが、その中で今の顧客を獲得できたと考えています。ただ、お客様へ当社が提供する価値をまだうまく見せられていないことも事実です。」

これは、先日ある会社で支援業務のための打ち合わせをしている中で、その会社の社長様が
おっしゃった言葉です。

この会社は、従来から行ってきたビジネスに限界を感じ、大変面白いツールを開発して新たなビジネスを推し進めようとしていますが、それを「誰に、どのようにして伝えるべきか」が議論の中心となりました。

社長自身、チャレンジをし続けており、技術開発も進めていますが、まだまだ成長できる余地はあり、今の顧客以外にも販路を広げることは可能、ただし「刺さる」見せ方をしないといけないし、顧客獲得までの動線設計もしないといけないということが課題として浮かび上がってきました。

中小企業の共通課題の一つに、「技術はあるのに、それを販売に結び付けられない」とということがあると私も何回もお伝えしてきました。

なぜその課題が解決できないのか?
それは、「見せ方」がうまくないことと、見せた後、顧客に買ってもらうまでの動線ができていないことが理由の一つです。

これは中小製造業に限らず、私たち士業やコンサルタントにも共通して言えることだと思っています。

例えば、今までと同じ技術なのに見せ方を工夫しただけで売り上げが2倍以上になった会社も実際にあるようです。

このあたりは、その道のプロにお金を払ってでも指導してもらった方がよい領域です。

「見せ方」と「顧客誘導の動線」をどうするか、それがわかればきっと売れますよ!

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。