本物のコンサルティングをより身近に。

製品の新たな可能性を顧客から得る

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、弊社で開発した製品について顧客になりそうな会社へのアプローチをしたり、展示会で展示をしたりしています。その中で、当初弊社で想定していなかった用途についてニーズがあることがわかってきたんです」

これは、先日リモートにてあるお客様と打ち合わせした際に、そのお客様がおっしゃった言葉です。

そのお客様からの依頼は、「開発した製品の特性が活かせる分野や企業に関する情報を、特許情報から得ること」で、要は特許、実用新案の検索を行いヒットしたものから情報を整理することでした。

その前段階での打ち合わせだったのですが、上述の会社でも独自に営業活動を行っている中で想定していなかった用途で使いたいというお客様がおられたということでした。

具体的にどのような特性かはここでは触れずにおきますが、対象製品から考えて確かに期待できる特性でした。

今も、適用できる領域を拡げて営業活動を継続されています。

当然ながら、ある製品を開発する際には、その製品の目標仕様を決め、それを満足するためにどのような材質、構造、制御方法等にするかを決めていきます。その中で特徴が見いだせればそこを知財化するということも行っていきます。

一方、その製品を買うお客様からすれば、「実はこの機能がほしかったから買ったんだ」という場合もあり得ます。上述の場合がそれです。

つまり、当初目論んでいた仕様と、顧客が望んでいた仕様が異なり、逆に顧客から開発製品の新たな側面を教えてもらうことになります。

これは大変重要なことです。顧客の声を聴くということの重要性を再認識できる事例ですね。

特許にも、用途特許というものがあります。同じ材料でも、今までと全く異なる用途に使えることがわかれば用途特許として認められる可能性があるというものです。

顧客の声から、新たな製品の可能性を見出していくことも忘れずに留めておきましょう。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。