本物のコンサルティングをより身近に。

思い描く経営を手にいれる

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「思い描く経営を手に入れる」です。

昨日、新たにスタートした指導先クライアントさんに訪問しました。

創業社長で18年間専門工事を経営され、この春から店舗を大きく拡大され、今まで以上に経営を盛り上げていくとの事です。

いつもそうですが、まず一番初めに聞くこととして、

これから、どうなりたい。

どんなことを実現したい。

そのために何が必要なのか。

一番コアな部分を伺います。

お話を聞くにあたって、なぜそう思ったかを伺っています。

これまでの指導先社長も全員伺っていて、自分の欲しい未来を描いてもらいます。

これをまずはっきりさせないと、そこへ向かうための実行動が出来ないからです。

私は、結果として、元請建設会社から離れ、自社が直接お客様から修理工事を100%受注する経営を手に入れましたが、これが、どなたにも当てはまるは限らないと思っています。

今の元請建設会社には、これまで自社の売上や利益をいただいてきた。

だから、大事にしたいし今後も付き合っていきたい。

当然こんな考えもありだと思っています。

自社が完全元請になる事が正しいとは言えません。

それは、全て、社長であるあなたが、

思い描く経営を手に入れる。」

ために、今後どうするのか、どう行動するのかが決まってくるからです。

今回の工事店社長は、正に、こちらの方で、直販元請化を目指すが、今までお世話になってきた元請さんの仕事も、変わらず続けていきたいとの事。

なので、直接受注を扱う部門は別経路で体制を整えることが必要になります。

現状の下請受注売上とは別で考えないといけません。

直販受注工事量、それを施工する人員、仕組み化。

そして、何より社長が今まで以上に超多忙になりますから、同時進行で、出来る限り早く社長の右腕を育てること。

そしてご自身の時間の使い方を変えないといけません。

でも、それを目指すならぜひ手に入れてほしいと思っています。

私がお手伝いできるのは、地域で継続的に直販受注出来る会社に必要な考え方、具体的な方法をお伝えすること。

そして実際出来るところまで一緒にサポートすることです。

思い描く経営を手に入れる。

とても前向きな社長の1年後が楽しみです。

あなたの思い描く経営は、下請けのままで実現しますか?

それを手に入れるための、段取り準備はついていますか?

それはいつ、実際の行動に移しますか?

 

直販受注経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、

思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今年こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。