本物のコンサルティングをより身近に。

投資回収と責任

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「投資回収と責任」です。

新しい取り組みを思い描き、それを手に入れたい時、あなたは、そのことの実現のために何をしますか。

色んな情報を集める。更にその説明を受ける。

そして、よく考え決断する

新しい取り組みに必要な投資をするわけです。

今まで経営してきた蓄えがあれば、そこから費用を捻出する。

それが、作業性や、効率、精度を向上させる設備機械であったり、今までなかった直接受注販路の開拓だったりするわけです。

いずれの投資も、社長のあなたが判断し、必要と思ってスタートさせるわけで、その投資分の回収できなかった時の責任も同時に背負うわけです。

失敗なく、全てうまく行くとは限りません。

特に、自己資金がなく、借入スタートの時です。

金融関係に長年の取引実績があり大きな信用のある場合を除くと、中小零細企業に貸してくれる金額は決して大きくない。

だから出来る範囲でスタートし、一刻も早く採算に乗せて、掛けた投資費用を回収することに集中し、足りない費用は知恵を絞り、行動するしかないわけです。

自分の選んだ投資の回収。

それは、社長のあなたしか決定できないし、最低採算の合うところまで、どんなことがあっても回収しないといけない。

見込みがないと判断すれば早いうちに撤退だってありうる。

経営者の責任は重大です。

当たり前の事を言っています。

就業員がおれば、本人やその家族。

それに信用で材料を売掛してくれる問屋さん、外注先。

そして、投資費用を引っ張ってきた金融先。

社長のあなたを信用して付き合ってくれている人全員です。

それでも、いけると思った投資なら、腹くくってやるしかない。

社長の自己責任で、前向きチャレンジしてください。

投資回収と責任

あなたの思い描く理想の経営は、下請けのままで実現しますか?

それを手に入れるための、段取り準備はついていますか?

それはいつ、実際の行動に移しますか?

 

直販受注経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今年こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。