本物のコンサルティングをより身近に。

社長の役目、現場社員の役目

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「社長の役目、現場社員の役目」です。

あなたの工事店では、仕事を取ってくるのは、社長ですか?

それとも営業社員ですか。

日々の工事を施工しているのは、社長ですか?

それとも現場社員でしょうか?

ちいさな規模の工事店の場合、もちろん両方の場合が多いと思います。

特に現場をいくつもこなしながら、次の仕事も取ってこないといけないですし、仕入れ材料や外注、そして社員の給料支払いなど、全ておひとりでやられる場合も多いと思います。

また、現場に関しても、自分が中心に施工して、職方はどちらかというと手元サポートぐらいで現場をまわしている方も多いと思います。

おそらく、現状社長の負担はとても大きいし、歳を重ねるごとに、体力的にもきつくなると思います。

特に、これまでの下請工事中心なら、社長、現場社員でこなせるかとは思いますが、新たな販路、直接受注を立ち上げる場合、これまでの通りでは、うまく行かない事が増えます。

今までの打ち合わせは、業界プロどうしの話なのでよいですが、一般のお客様相手だと、今までの当たり前が通用しないからです。

見積ひとつにしても業界言葉では、お客様にはチンプンカンプン。

まず分かりません。分かるのは金額だけ。

なので、より分かりやすい説明が必要。

それに施工になっても、常に家に居る状態での工事は、ほんと気を使います。

社長も現場社員も今までとは違う対応施工を強いられます。

と、言うことは今現状の社長の仕事よりたくさんの事をこなさないといけないわけです。

なので、上手く回すためには、社長の役目と現場社員の役目を分ける必要があるのです。

一定の売上レベルまでは、今までプラスで行けるとは思いますが、思わぬミスやトラブルが連発したり、最悪、忙しすぎて起こる事故まで起こすこともあります。

なので、社長は、社長でしか出来ない仕事。

例えば、集客の企画や実行。

お客様への提案や契約。

会社の出金入金管理。

現場社員は、工事の段取り、実施、工現場のお客様対応などです。

社長の役割役目と現場社員の役割役目を区別して、社内のルールとして徹底が必要になってきます。

ルールを決めるからそれぞれの役目をしっかり果たし、直接受注工事店の機能を果たします。

そこにはもちろん繰り返しの訓練、教育が必要ですが、諦めず毎日繰り返して社内ルールを浸透させていくこと。

これが絶対必要になる事です。

「そんなの自分でやった方が早いやん!」

現場社員が1日掛かる仕事も、段取りも技術も経験レベルの高いあなたなら、半日で終わるかもしれません。

でも現場社員はいつまで経っても育ちません。

半日で現場は出来るかもしれませんが、お客様への提案見積は、半日以上遅れます。

よそに取られるかもしれません。

なので、役割役目を今後は意識して変えていってほしいのです。

まずは、社長の役目、そして現場社員の役目をルールを作ってはっきりさせる。

それを繰り返す。不都合があればそのたびに修正する。

いかがでしょうか。

あなたの工事店は、あなたがもし今日倒れたら、どうなりますか?

「自分が居なけりゃ、ウチは回らない。」

現状、そうだとしたら、今のうちから考え準備しておくことが必要です。

社長の役目、現場社員の役目

あなたの工事店は今後どうされますか?

理想は、どうなりたいですか?

それはいつ始めるんですか?

直販受注経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今年こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。