知財交渉の第一歩:相手を知る | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

知財交渉の第一歩:相手を知る

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「今回の支援のテーマは「特許の経済的価値の評価」としていますが、社長が本当に支援してほしいのは、今後連携を考えている企業と特許について交渉を行う際に、いかにして交渉を有利に進めていけるかというところなんです。」

これは、先日ある企業様の支援を行う際に、一緒に支援されている先生が事前に私におっしゃった言葉です。

支援対象の企業では独自の技術を開発し、国内と海外で特許を数多く取得していますが、それをどうやって活用していくかについて戦略を構築している途中ということで、ある大手企業との連携の話も進めているということでした。

実際に社長とお会いして話を聴いていると、

  • 自社技術を業界標準にするための行動を起こしている。
  • 自社技術のうち、どの部分を大手企業にライセンスし、どの部分を自社で製造販売するかを検討中。
  • 大手企業からは好感触を得ていると思っているが、今後どのように交渉を進めていってよいかが不透明。

というところで、私なりにいろいろアドバイスをさせていただきました。
その中で、交渉するにあたり最小にやっておくこととして、「相手企業の事業戦略を知ること」とアドバイスしました。

相手の事業戦略にない提案をしても受け入れられるはずがないからです。

上場企業であれば、有価証券報告書を開示していますのでその内容から事業戦略をある程度知ることができますし、株主総会の資料で事業戦略を公開している企業もあります。

相手を知り、その事業戦略に沿った知財提案ができるかどうか。

最低限そこはクリアしておかなければならないことを申し上げました。

交渉の第一歩ですよ!
 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。