本物のコンサルティングをより身近に。

よく働き、よく遊ぶ

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「よく働き、よく遊ぶ」です。

先週は、瓦工事組合さんの青年部でZOOMミニ講演しました。

本当はオンラインではなく、直接現地へ行って話すのが一番ですが、昨今の社会情勢では難しいですね。

講演の冒頭で、土日休みの方はどれぐらいいるのか質問をしました。

日曜は、もちろんお休み。

でも土曜までは休めない

大半がそんな感じでした。

あなたの工事店ではいかがですか?

働き方改革といわれ何年も経ちました。

コロナで、たった1年で在宅勤務が日本中で一気に進みました。

都内に大きな本社が、いらないまでになったこと。

ほんとうに物凄い時代に一気になりました。

でも、工事はテレワークでは出来ません

現地での施工するからですよね。

こちらは、旧態依然のまま。

現場施工、体力勝負の職人仕事だからこそ、ちゃんとリフレッシュする休日を確保しないといけないと思っています。

経営者は、どれだけ働いても勿論OKなのですが、職人従業員まで今までと変わらず日曜日だけ休み、仕事が忙しくなると、間に合わせるために、その日曜日まで休日出勤させる・・・

そんなの当たり前だという声も聞こえましたが、それって本当に仕方ないことでしょうか?

職人社員にも家庭があって、奥さんや子供と過ごす時間があるはずです。

小さい子供さんがいたらなおさらです。

今よりもっともっと、遊ぶ時間を提供すること。

あるいは自分の趣味や運動、行楽に使える時間を提供すること。

そのために土日はしっかり休養日にして残りの5日間をより一層、現場施工に集中して頑張ってもらう

この方が絶体いいと思うのですが、いかがでしょうか。

そんなの理想論だよ。

好きで休日出勤させているわけではない。

土曜だって、本当は休ませたい。

きっと社長のあなたはそう思ってるはずです。

私も25年前は同じ考えでした。

でも現在は、土日祝日休みです。

休日出勤など、もう記憶にないほど昔の話です。(笑)

もうお分かりの通り、それは自社が元請になり、お客様に直接修理工事を提供しているからです。

自社で工事工程を組むことが出来る。

これに尽きます。

初めから土日祝日を外した工程をお客様に説明すれば、良いことだからです。

あなたの元請建設会社は、予め決まった請負金額に、日曜日施工の上乗せを追加で払ってくれますか?

前工程の遅れを取り戻すため、人員を増やして工程通り間に合うよう応援の増員をした分、追加で金額払ってくれますか?

当たり前にやっていた事、そろそろ見直しませんか。

「よく働き、よく遊ぶ」

専門工事の直販元請化ができたら、土日祝日、残業もない工事店になることは実現します。

テレワークの出来ない職人仕事。

でも働き方改革は、直接受注経営が進めば進むほど、あっけないほど簡単に実現しますよ。

あなたの工事店は、今後どうされるのですか?

週休2日でも成り立つ工事店経営

よく働き、よく遊ぶ。

もう、本気で考えてみませんか。

 

直販受注経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今年こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。