本物のコンサルティングをより身近に。

次回の予定日を決める

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「次回の予定日を決める」です。

先週、今週と無料ZOOM経営相談をしています。

相談内容は、実に様々なのですが、その中でたまにお客様から電話をもらっても、簡単な補修や、無料サービスで終わってしまい、なかなか売上に繋がる修理工事にはならない

そんな方とお話しました。

お客様は、補修や無料サービスで助かったと思っているかもですが、こちらとすると、わざわざ出向いて、無料では、経営としてはアウトですよね。

その方と更にお話を進めると、あることに気が付きました。

それは、次回の訪問約束日を決めていない

私たちは専門工事屋です。

お客様の言われた通りの補修や、無料サービスだけでは、実は足りないとか、ダメな事って、知っていますよね。おそらく。

なので、本当のことを専門工事屋のプロの観点で、正直に現状の問題点など伝えなくてはいけないはずです。

もちろん、悪質な訪問販売のような嘘をついた過剰で不安をあおるようなことなど、地元でちゃんとした仕事をしているあなたはしないはずですよね。

当たり前ですが。

お客様の頼まれた、言われたこと以外に気づいた事、住まいの長持ちする方法については、どうしたらよいかは絶対、プロとして知っているはずです。

なので、お客様が望めば、そのことをちゃんと説明して、修理するとこうなりますよと伝える義務があると思うのです。

そこで、それをまとめて後日説明や、見積することになります。

なので、「次回の予定日を決める」ことが必要になります。

次にお会いする日時をその場で決める必要があるということ。

お客様が言われた通りの補修や、無料サービスだけ終わると、次回会うことがそもそも出来ませんし、それから先も当然ありません。

あくまでお客様が、それだけを望めば別ですが。

でも、いつも頭に置いていないといけない事。

それは、次回の訪問約束日を必ず決めるということ。

これを毎回、意識するか、しないかで、直販元請化がうまく行くか行かないかの非常に大きな差になります。

初回訪問の目的は、次回の訪問日時を決める事です。

見積出したなら、次回の返事をもらう日を決める

修理工事の注文に至ったら、次回工事日程説明の日時を決める

あなたは、これまで意識してお客様宅に行っていましたか?

次回の予定日を決める

あなたは本当にお客様の得をする事、知ってて黙っていませんでしたか?

予定日を決めない事で、みすみすチャンスを逃していませんでしたか?

いかがでしょうか。

 

村松の直販元請化専門工事店の経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今年こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。