本物のコンサルティングをより身近に。

自分を責めるのは「成長できる」ことを信じているから

SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン

代表 

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

こんにちは、矢場田です。

今回も安心安定のカウンセラー起業の感想をご紹介します。

ゾクゾクと「ファーストキャッシュが取れた」という報告が入ってきていて、自分が売上をあげるよりも何倍も嬉しいです(^^)

 

(4期受講生の声 稲石まよ様)

■参加前の問題・課題・悩みは、どんなことでしたか?

・起業しようと活動を始めたが、集客の知識もなく何から始めたらよいかもわかりませんでした

 

■講座後の変化は?

・集客数や売上について

 4月半ばにデビューして、1か月半で7件のお試しカウンセリング申し込みと、そこから本命商品のご契約までお申込みいただけるようになりました。

 デビューから1か月半で、約46万円の売り上げを出すことができました。

・カウンセリングスキルについて

 悪循環、境界線、3歳の子、ピンチはチャンス。

 どれをとっても自分に活用できる内容であり、それだけでどんなクライアントにも対応できる万能なスキルだと感じました。

 あとは、カウンセラーとしての聴く態度。

 これがうまくできると、クライアントが「聴いてもらえている」と驚くほど実感してくれるから、すごいと思います。

 内向型で不安が人一倍強く、すぐに悪循環にはまってしまい、他者との交流が苦手で、一般的に考えたら起業には向いてないと思われる気質の私にも、自分を追い込まずに起業がスムーズにできる方法を教えてくださりありがとうございました。

 私はこの安心安定で学んだ5か月間で、自分でも自己肯定感が上がり、自分軸の人生を生きられるように変わったと感じます。

 この自分の経験を惜しみなくクライアントに提供して、一人でも多くのHSPさんを幸せに導けるカウンセラーになっていきたいです。

 本当にありがとうございました。

 事務局の方には、わからないことがあり質問するとすぐに返信してくださったり、何度も修正にお付き合いして頂いたり、とても親切な対応に感謝しています。

 気長にお付き合いいただきありがとうございました。

 

■どんな方に安心安定のカウンセラー起業講座はお勧めですか?

・不安が強い方・時間のない方・お金のない方・人に頼れない方

 私のように内向型で目立つことが苦手、人との関りが苦手、心配性だったり考えすぎてしまったり、マイナスの要素が多いと自覚している方は、自分を変えながら同時にスキルや起業を学べるので、ぜひお勧めしたいです。

 人に頼ることが苦手で、なんでも一人で解決しようとする方も、自分の力だけでやっているよりも何倍も早くでき、無駄な時間が減るのでお勧めしたいです。

(ここまで)

 

「すぐに売上をあげる人は、ものすごいポジティブな人なのでは?」と思われるかもしれません。

でも実際は全く違います。

不安はものすごいあるし、焦りもある。

お客が来なかったらどうしよう・・・

お客が来てしまったらどうしよう・・・

こんな矛盾する気持ちが湧いてきます。

さらには、失敗したり、不安に駆られたとき、そんな自分を責める人もいるんです。

自分を責める人は、短期的に見ると苦しいですが長期的に見ると成長していきます。

なぜか?

自分を責めるのは「もっと自分は成長できる」ことを無意識的に信じているから。

安心安定の講座の受講生たちの動きを見ていると、たくましくなってきたと思うことが度々ありました。

最初は、不安が強すぎて適切に行動が取れなかった人が自分ならいずれなんとかできる、と潜在意識の部分でいつの間にかしっかりと自分を信じるようになってくるのです。

自分の人生のハンドルをしっかり握っている状態ですね。

ちゃんとハンドルを握っている人は、周りの人から応援されます。

そして、同じように成長している仲間が見つかります。

ちゃんと見ていてくれる人がいます。

ハンドルをしっかり握りながら困難な道のりを走っていくことで徐々に運転に慣れてきます。

一方で、何か上手くいかないことが起こると他人を責める人もいます。 

失敗したら、自分と向き合わずに他人の方に目が向いてしまいます。

直接誰かを責めなくても、心の中で責めるのも一緒。

この場合、残念ながら成長がありません。

短期的に見ると自分自身は苦しまずにすむのですが、月日が経っても成長がないので、長期的に見ると結局苦しくなります。

他人と比べて必要以上に劣等感を味わい、それをじっくり味わい切ることができません。

これ以上自分と向き合い続けることが苦しいので、自分の心を守るために相手の方に目を向けるようになります。

そして、他人のアラを探して、そこを責めてしまうのです。

ただ、もし周りにそういう人がいたとしても、追い詰めないようにしてください。

その人にとっては、自分の心を守ることが大事なのです。

防衛本能が発動した人には、正論を伝えても理屈は通用しないです。

不安が強くて、他人軸の人に多いのですが防衛本能が発動した人は、今までの不安はどこへやら。

その時だけは、絶大なる自信を発揮するのです。

カウンセリングの現場では、必ずそういう人に遭遇することでしょう。

しっかりと、相手との心の敷地の距離を取ったり、自分の心の敷地を守るようにすることを知っておいてくださいね。

 

今回のまとめです。

自分を責めるのは「自分はもっと成長できる」ことを無意識的に信じているから。

自分の人生のハンドルだけは自分でしっかり握っていてくださいね。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。