本物のコンサルティングをより身近に。

価値観が違う人との連携

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

今回は、少し閑話休題的な話を。

「後藤さん、私は形になったものが必要だと考えていて、他の人が権利化をしなかったものも自分は実用新案登録し、ビジネスで活用しているという「形」が必要と思うんです。」

これは、先日お客様と打ち合わせをした中で、そのお客様が仰った言葉です。

そのお客様が製品化しようとしている技術について先行技術調査をさせていただき、「権利化されてはいないが、先行技術としては公知になっているので権利化は難しい」という報告をさせていただいたのですが、上述のように希望されたため「無審査登録される実用新案で、進める」ことにしました。

何とか権利の有効性を出せるように権利範囲の設定を考えるつもりではありますが、それよりも私がお客様と話していて感じたのが、「価値観が違う人と話している方が面白い」ということでした。

私は基本的に、「本当に価値があるものは目に見えない」と思っていて、知的財産を生業にしようと思ったのもそれが理由の一つになっています。

一方、そのお客様は「形にしないと信用できない」という価値観をお持ちの方で、実用新案でもいいから出したいという理由の一つも、そのような価値観からでした。

そのお客様とはその後雑談で、神社でお参りするかどうかというような話にまでなり、これからも連携していこうという話になりました。

一人ひとり個性が違い、価値観が異なる中で私たちは社会生活をしています。考え方が異なる人同士が集まって仕事をしているということになります。

そういう人たちが連携した方が、いいものが生まれるのではないでしょうか。

価値観が違う人とどんどん触れ合っていきたいです。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。