本物のコンサルティングをより身近に。

自社の技術ノウハウの保護と活用

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

今年度から、弁理士会の委員会内でタイムスタンプの勉強会に参加させていただいています。

皆様は、タイムスタンプって聞いたことがあるでしょうか?

「タイムスタンプ(デジタルタイムスタンプ)とは、電子データがある時刻に確実に存在していたことを証明する電子的な時刻証明書です。」(セイコーソリューションズ株式会社HPより)

つまり、ある書類が所定の時刻にまちがいなく存在していたことを証明するためのもので、例えば自社の技術ノウハウを書面にし、電子化してタイムスタンプを利用することで「これは間違いなく自社の技術ノウハウですよ」ということを主張できる証拠に使えるようになります。

独立して、中小企業の現場での知財支援に携わってから思うことは、「中小企業では知的財産権を取得するよりもいかにしてノウハウを保護・活用するかの方が大事な場合が多い」ということです。

よく「オープン・クローズ戦略」という言葉も聞かれますが、私的にはこれは「ノウハウのクローズをちゃんと行うことがベースで、そのうちオープンにして特許化した方がよいものを選別する」ということであると思っています。

また、技術ノウハウの保護は中小企業だけでなく大企業でも重要なことで、競争力の源泉になっていることは言うまでもありません。

弁理士会の勉強会はまだ始まったばかりで、タイムスタンプの実務や、企業内でのノウハウ管理体制の構築など、いろんなテーマで勉強し、実務に役立てていくことになります。

自社の技術ノウハウを把握し、保護し、活用することの重要性について今一度考えてみてもいいかもしれません。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。