本物のコンサルティングをより身近に。

職人との打ち合わせ法

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「職人との打ち合わせ法」です。

あなたの工事店では、毎日の施工打ち合わせはどのようにしていますか?

毎朝、出社してくる職人に、口頭で伝えている、あるいは、簡単なスケッチで指示を出している、の多分どちらかだと思います。

まず、口頭で伝えるは、社長である、あなたの今までの経験、それにその現場特有の施工、納め方を職人に向けて「声」で伝える。

「わかりましたか?」

「はい、大丈夫です。」

きっと、返事は確認して現場に送り出す。

はたして、現地へ見回りに出向くと、自分の伝えた施工や、収まりになっていない・・・・

「どうしてこの納めにしたの!」

「いや、朝そう言われたのでそうしました。」

「そんなこと言ってない!」

「いや、そう理解しました。」

そんな押し問答しても、結局やり直しする羽目になります。

言葉は言ったはなから、消えちゃうからです。

更に、聞く側の職人が正しく理解していない。

自分の思った都合で動くからです。

それでは、現場の画像や、スケッチを織り交ぜ、職人に説明し、指示書を書いて渡し現場に送り出す

今度は大丈夫だと、現場の見回りに行く。

口頭だけより、失敗は少なくはなりますが、またまた、食い違いで、伝えた通りに仕上がっていない、予想していた施工時間より長く掛かってしまう・・・

そんな繰り返し、もしかしてしていませんか?

実は、長年村松もずっと悩んでいました(笑)

「なんで、分からんのかな、どうしたら伝わるんだろうか」

いろいろ、試行錯誤の上、現時点でたどり着いた打ち合わせ方法があります。

今日は、読者のあなただけに特別に教えちゃいます(笑)

それは、現場に送り出す職人自身に、今日の施工計画を自分で書かせて、社長に説明させるという手です。

物件の概要や、納め方、仕様など、予め伝える必要は勿論ありますが、現場担当者として、今日一日をどうゆう時間割で、何処までやるのか、そして、各所の施工収まりは、どうするのか。それを、あなたに職人自身が説明させるのです。

要するに、今まであなたが懸命に説明したことを、逆に職人に説明させ、聞く側にまわる、ということです。

そうすることで、職人が考え思っている時間配分や、納め方の違いが、一発で分かりますし、双方の思い違いをその場で修正することが出来ます。

いかがでしょうか。

さらに、自分で施工計画を書くことで、職人の段取りする力も上がってきます。

自分で書いた計画ですから、双方の思い込み間違いをうんと減らすことが可能になりました。

職人との打ち合わせ法

あなたの工事店では、どんなやり方していましたか?

少しでも参考になれば幸いですが。

うちでもやってみたい!

そう思った工事店社長のあなただけ、うちがやっているより具体的なやり方や、打ち合わせシートをこっそりお伝えしますよ(笑)

 

村松の直販元請化専門工事店の経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません

今年こそ、あなたがアクションを起こす番です。

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。