本物のコンサルティングをより身近に。

いまさら変更できるわけないじゃん!

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「いまさら変更できるわけないじゃん!」です。

今回は、先日ZOOMで面談した、現在、直販元請化を目指している指導先社長さんの失敗談です。

直接受注が軌道に乗ってくると、今まで仕事をもらっていた下請仕事との工事調整が、どんどん難しくなってきます。

直接受注物件は、ある程度工程調整の融通は利きますが、自社が下請である限り、どうしても元請建設会社の予定が優先されます。

早くやってあげたい直接のお客様を待たせて、単価の厳しい下請仕事を優先しなければいけない。

しかし、今までお世話になった元請さんだからと、優先対応する。

相手合わせの工程、自社物件との調整で、この社長さんは、更に忙しくなる・・・

そんな中、その下請工事で、急な設計変更があった。

ちゃんと事前に、あれだけ打ち合わせを済ませたのに。

内心、そんなこと、もっと早くに言ってほしかった。

そう思いながらも、それに合わせた段取り変更も何とか施工日に間に合わせた。

そして、調整に調整を重ねた工事当日。

またもや、元請先から急な施工変更を求められ、溜まり溜まったストレスで、

いまさら変更できるわけないじゃん!

怒りに任せた言葉が出てしまったとの事。

それも、お施主さんの前で・・・

言い放った瞬間、

「しまった!」

もちろん社長は思ったそうですが、一旦吐いた言葉は撤回できません。

幸いお施主さんトラブルにならなかったですが、元請先にはキツくお灸をすえられたとの事。

この社長さん、もちろん普段、絶対こんな事言わない実直な人物です。

でも、忙しかった。

自社の工事を待ってもらっている直接のお客様と、低単価の決まった、工程も自由にならない下請の工事

今までの下請仕事に加え、自社直接受注が多くなればなるほど、今回のような失敗は多くなります。

社長自身の気持ちが、優先したい気持ちが下請け仕事より、直接受注仕事に傾くからです。

悪いことではありませんが、元請100%になるまでは、下請け仕事も大切な売上です。

感謝の気持ちが足りなかった。

この社長さんは猛反省されていましたが、その通りだったと思います。

仮に、自社受注100%の元請になった場合、今度は、自身が下請協力業者先に、無理を聞いてもらわないといけない立場になるからです。

下請工事も、直接工事もお客様あってのことです。

忙しいとは、「心」を「亡くす」と書きます。

そうならない秘訣は、幽体離脱のススメ(笑)

自分自身を、客観的に一歩離れて観察してみる。

そうすることで、一呼吸おいた、間違いの少ない判断や行動が出来ると思うのです。

いかがでしょうか。

下請から脱却して直接受注を伸ばしていくときに起こる、様々な問題は、全て村松が経験してきています。

自分で経験し、自分で解決したからこそ、そのアドバイスに自信があります。

私は、真剣に直販化に取り組む方だけサポートしています。

 

村松の直販元請化専門工事店の経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。