本物のコンサルティングをより身近に。

そのうちやりたい

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「そのうちやりたい」です。

先週は新しい指導先へ専務と二人で訪問しました。

うちとは比べ物にならない創業100年の歴史があり、凄いなと思いました。

しかし、昨今のコロナや経済情勢変化で工事量が激減し、代表者さんは、売上の減少、取引先の減少に悩んでおられます。

その打開策を模索して、村松を見つけてくれた。

そして、自分で直接仕事の取れる方法を、手に入れるべく、今回のご縁をいただきました。

と、普通に書いていますが、実は、この方は、とても重要なことをされています。

それは、

「やる!」

そう決断されたことです。

当たり前のことですが、なにか、今までやったことない事を始めるときには、まずは、いろいろ調べますよね。

その中から候補を絞って更に調べます。

ここまでは、私もあなたも無意識でやっています。

でも、問題はここからです。

この時点で、

そのうちやりたい。」

そう思ってみても、とりあえず棚上げするか、

今すぐ手に入れる。」

と思って行動するかです。

人は、イイなと思っても、オレに必要だ、このことは重要だと思っても、なかなかその先の行動に移せません。

期限や強制力がないからです。

例えば、元請先の見積提出日が迫っていれば、現場から帰って、徹夜してでも提出しますよね。

或いは、守らなければいけない工程が工事が遅れていたら、損しても人を増員してでも間に合わせませんか?

目先の期限のあることには、一日のほとんどを使うのに、ほんとはとても重要なことは、後まわし。

今は手一杯だから、時間があった時に取り組む。

もうちょっと先に延ばす。

そして、

そのうちやりたい。」

けど、出来なかった。

そんな繰り返ししていませんか?

私は、年初に目標を掲げていますが、年末になって、あれも出来ていない、これは手つかずだった。

そんな事を毎年繰り返しています(大汗)

本当は、やらないと将来の業績を影響することになるにも関わらず。

日々の期限付き業務に時間を取られて、取り組みが進まない。

やっと完成したのYouTube動画は、半年以上前から企画があっても、今まで進まなかった。

きっと、自分の頭のどこかでは、

そのうちやりたい

だったのだと思います。

言うまでもなく、

そのうちやりたい

そう思っているだけでは、1mmも現状を変えることは出来ません。

本当は、自分の工事店にとって、必要な事、重要な事、取り組まないといけない事。

そのうちやりたい

から、

本当に明日の工事店に必要な事と自覚して、

今すぐヤル!

に格上げしませんか。

それを決めるのは、今の体制を変化させる事が出来るのは、工事店内でたった一人。

代表である、あなたしかいません。

あなたの

そのうちやりたい

が、元請先からでなく、お客様から直接仕事を受注出来る専門工事店化するお手伝いなら、村松にお任せください。

あなたの

そのうちやりたい」を、

早速今から準備して、来年こそ手に入れてみませんか。

 

村松の直販元請化専門工事店の経営を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今こそ、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。