オンラインで優れたコンサルティングを活用する!

下請仕事との両立

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「下請仕事との両立」です。

2年前、今までの下請工事から自分で仕事取る事をヤル!と決めて、現在、直接受注に力を入れているクライアントTさんのお話です。

熱心に、うちの考え方、集客、そして営業方法を実践して、毎月のお問い合わせも30件に到達した努力家のTさんです。

村松式は、工事受注契約率が高いですから、直接受注の案件もどんどん増えてきている、そんなTさんですが、付き合いのある元請先からの下請仕事と、自分で取ってきた直販仕事の工事の日程調整に困っているとのこと。

言うまでもなく、下請け仕事は元請先の工事日程に全て合わせて動かされる。

なので、折角、自分の力で受注した工事のスタートが遅れてくる

この繰り返しがずっと続いていて、なんとか解決したいとのこと。

現在集客も順調で、自社直接受注の案件も重なってきて、さらに工事着工が遅くなって、お待ちのお客様から、お叱りの電話も増えてきている。

毎日、昼間の施工、夜は工事調整、事務仕事で大変だそう。

下請仕事は、待ったなしですから、何を差し置いてもそれに合わせるしかありません。

しわ寄せは全て自社受注の案件。 

それなら、今までの下請仕事は断ればと思いますが、仕事のなかった時代からの長年の付き合いで、そうは簡単にいかず、下請工事、元請工事を併用で続けてきているとのこと。

下請仕事との両立

直接受注を始めると絶対避けて通れないところです。

経営者は欲張りですから、下請仕事も依頼があればやってしまう。

もちろん両方の売上があれば、嬉しいですが、そもそも自社の施工能力は限りがあるので、両方やっているうちは、売上が倍増することなどないのです。

どちらかに時間がかかれば、どちらか、この場合、後まわしになる直接受注案件の売上が遅れるだけで、毎月の売上は倍にはなりません。

頭で分かっていても、実際の行動は、どちらも同時にやろうとするので、無理があるわけです。

あとは、工事売上の利益差問題。

下請工事と、自社元請受注工事。

利益は同じではないはずですよね。

下請のあなたの専門工事を安く仕入れた元請先は、間違いなく、あなたより儲けていますから(笑)

下請仕事との両立

あとは、代表のあなたの考え方ひとつです。

下請仕事の合間に、直接仕事を入れる程度をよしとするか、自社物件を優先して、今までの付き合いを断っていくか。

感覚として、下請、元請の比率が、50対50くらいが、一番疲れます

両方に気を使い、両方に、いい顔するからです。

でもどんどん自社の元請化を進めて30対70まで到達したら、思い切って下請仕事を断る事を決断してほしいです。

そうすれば、今まで難儀していた30を、全部、自社工事工程に取り戻すことができ、元請先の工事日程から解放されます。

「オレは今後、直接受注だけで工事店経営する!」

そう思えたら、そう思い切れば、次の段階に上がれます。

まだそこまで・・・

そう思っているうちは、「下請仕事との両立

難儀ですか、比率が逆転するまで頑張るしかありません。

ちいさな工事店には、ヒト・モノ・カネ全てにおいてちいさな経営資源しかありません。

それをどう活かすか。

村松は、その具体的方法と、掛かる時間を超短縮することが出来ます。

1年で「脱下請」するしくみの実務を知りたい、興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今!」こそです。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

もう、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。