経営もピアノも地道な実践から

  成長支援部づくり 岩井徹朗 SPECIAL
岩井徹朗 SPECIAL

成長支援部づくりコンサルティング

ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗

会社の大元となる「総務」を革新すれば、すべての事業部に影響を与え、顧客志向になり、驚くほど業績が伸びる。経営者が着手すべき、「成長支援部づくり」を指導。


事業継続とピアノの共通点

「そろそろ調律の時期なので、ご連絡させていただきました」

毎年この時期になると、ピアノの調律会社から電話がかかってきます。

家内が子供の時に買ってもらったピアノ。実家に置いているのですが、年1回調律をお願いしています。

一般的にピアノの調律料金は1回あたり12,000円~16,000円します。でも、普段はほとんど使っていないものに年1回とはいえ、お金を払うのは「なんとなくもったいなぁ」「まぁ、今回はいいや」となりがちです。

そこで、この会社では保守会員制度を設けて、口座振替で料金を徴収しています。1月当たりの金額は1,000円弱。しかも、「引落代行会社に支払う手数料削減のため」という理由で、口座振替は2ヵ月に1回です。

また、毎回やって来る調律師は、原則として別の人が来るよう手配されています。これは、同じ人がやっていると、手抜きやミスがあってもごまかす恐れがあるため、人を代えることで、相互にチェックするのが狙いです。

そして、前回の調律から1年近く経つと、冒頭のような電話がかかってきて日程調整を行います。

最初は新聞広告でたまたま見つけた会社ですが、お金の流れや仕事の流れがとてもスムーズなので、ずっと利用させてもらっています。

キャッシュフローを上手く回して事業を続けていくためには、一つひとつは地味で、当たり前のようなことをどのくらい地道に実践できるかが鍵を握ります。

口座振替で自動的にお金を徴収する、不要な手数料を削減するために口座振替のサイクルを2ヵ月に1回にする、毎回人を代えることで、お互いの仕事をチェックする、期限管理をしっかりして、事前に連絡する。

一つぐらいはできても、それをすべてやるのはそんなに簡単なことではありません

ピアノの調律は音の微妙なズレを聞き分けて必要な対応を地道にやるのが本質。経営も状況の変化に応じてちょっとした工夫や知恵をどれだけ重ねられるかが勝負の分かれ目です。

自らの感度を磨き、愚直な実践を続ける仕組みを社内に作りましょう


【総務の革新】成長支援部づくりで業績を伸ばす経営視点
岩井徹朗

成長支援部づくりコンサルティング

ヒーズ株式会社代表取締役

岩井徹朗

執筆者のWebサイトはこちら http://www.basis01.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×