トップ > コラム > お金を使って業務の流れを変える

お金を使って業務の流れを変える

  成長支援部づくり 岩井徹朗 SPECIAL
岩井徹朗 SPECIAL

成長支援部づくりコンサルタント

ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗

会社の大元となる「総務」を革新すれば、すべての事業部に影響を与え、顧客志向になり、驚くほど業績が伸びる。経営者が着手すべき、「成長支援部づくり」を指導。

お金を使って時間を買い、資産を作る

最近弊社で新しく始めたサービスについて説明会を開催しているのですが、その中で一つチャレンジしたことがあります。

セミナーや説明会をやるにあたっては、大きな流れとしては、企画→告知用のウェブページ作成→集客→開催となります。今まではウェブページも自社で作り、集客も自社でやってきました。しかし、今回はウェブページの制作と集客の部分をあるマーケティング会社に依頼したのです。

自社でやる場合と違って、他社にお願いする場合は当然のことですが、お金がかかります。けれども、その分自社に時間的な余裕が生まれます

どういう内容を書くか、どんな写真を使うか、文字の配色はどんな感じにするのか。私はウェブサイトの専門家でないので、ないながら頭をひねり、汗をかいてウェブページを作ります。

そして、集客。

すぐにお申込みがあれば良いのですが、実際には「集客を始めて1時間で満席になりました!」ということはありません。そんな時はウェブページの内容を変えてみたり、集客のキャッチコピーを新しくしてみたり、と試行錯誤を繰り返していきます。また、ある程度お申込みの人数が集まってくると、「残り2席となりました」というようにウェブサイトの微調整が必要になってきます。

しかし、今回は一連のサイト制作や集客の部分をプロにお願いしたので、私は説明会で何を話すかという点により集中することができました。

また、制作や集客に時間が取られると、少人数でやっている場合、新しい商談を進めることがなかなか難しいのが現状です。でも、多少時間的な余裕があったので、いくつか新しい商談を進めることができ、新たなご依頼をいただくことができました。

今までやっていた業務の流れを変えることは少し勇気が要ります。そして、自分でやっていたことを手放して他の人に任せるのは「上手くいかなかったらどうしよう」「せっかくお金をかけるのに大丈夫かなぁ」とちょっと不安になります。でも、その不安や心配を乗り越えた先には新しい世界が広がっています

今回のケースではお陰様で一定の成果が出ましたが、仮に成果が出なかったとしても、それは、上手くいかない事例を一つ見つけた→成功するための選択肢の精度が一段上がったと考えれば、会社の資産です。お金を使って得られるのは成果だけではありません。

お金を使って貴重な時間を買い、決算書には出てこない会社の資産を増やす。あなたもぜひ何か一つチャレンジして下さい。

【総務の革新】成長支援部づくりで業績を伸ばす経営視点
岩井徹朗

成長支援部づくりコンサルタント

ヒーズ株式会社代表取締役

岩井徹朗

執筆者のWebサイトはこちら https://www.heeze.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×