会社の数字をリアルタイムでつかむ

  成長支援部づくり 岩井徹朗 SPECIAL
岩井徹朗 SPECIAL

成長支援部づくりコンサルティング

ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗

会社の大元となる「総務」を革新すれば、すべての事業部に影響を与え、顧客志向になり、驚くほど業績が伸びる。経営者が着手すべき、「成長支援部づくり」を指導。


会社の数字をリアルタイムで把握

「俺は試算表なんて見てないよ」

飲食店を経営されているA社長を訪問した時のことです。顧問税理士から送られてくる月次の試算表はほぼ1ヵ月前の数字。このため、実際の経営には役立たないという主旨の発言をAさんはされていました。

では、Aさんは何をベースに経営をされているのでしょうか?

毎日の売上高はその日のレジの数字を見ればリアルタイムで分かります。一方、売上の次に気になるのが原材料費です。

その会社の場合、魚や野菜などの原材料費は大きく分けて、月末締めの翌月末払いと月末締めの翌々月15日払いの2つに分かれます。最初は請求書をベースに月次損益を把握し、資金繰り表を作成していたAさん。でも、「それでは遅すぎる!」ということにだんだんと気づきました。

月末締めの請求書はだいたい10日までぐらいに揃います。でも、翌月末払いの支払であれば、正確な数字が分かってから支払までに3週間ぐらいしかありません。

また、翌々月15日払いになると、ややタイムラグがあるので、「今月はお店も繁盛してたくさん仕入たなぁ」という実感と、いざお金を払う時の「なんでこんなに支払があるの?」という感覚にどうしてもズレが生じます。このため、12月の繁忙期に大量に使った原材料費を2月の閑散期に払うような時に「あれっ、お金がギリギリだ!」ということが何回かあったそうです。

そこで、Aさんは請求書ベースで数字を把握するのでは遅すぎると判断されました。そして、約1年かけて、原材料がお店に届いたら納品書をすぐに本社に送る→本社では納品書をベースに店舗損益を把握し、予想資金繰り表を作る→資金繰り表を基に当月の売上目標を修正したり、原材料費の削減メドを指示する、という体制を構築されたのです。

その結果、ほぼリアルタイムで会社の数字を把握できるようになり、早め早めに次の一手が打てるようになりました。

会社にとって大事なのは言い訳をするための資料作りではありません。昨日までの結果を踏まえて今日の行動に活かすこと。そして、明日の目標に向けて今日やるべきことを着実に実行すること。

決算の数字が早く締まる、月次決算をしているだけでは日々の経営に活かせません。あなたは会社の数字をリアルタイムでどこまでつかんでおられるでしょうか?


【総務の革新】成長支援部づくりで業績を伸ばす経営視点
岩井徹朗

成長支援部づくりコンサルティング

ヒーズ株式会社代表取締役

岩井徹朗

執筆者のWebサイトはこちら http://www.basis01.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×