トップ > コラム > 社長の財務オンチは会社のリスク

社長の財務オンチは会社のリスク

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

JCPO画像_お金

当社の門戸を叩いて下さる社長の多くは、二代目社長・三代目社長などの後継社長の方々が大半を占めます。そんな中で色々とお話を伺うと、事業承継の過程において「財務」に関することはノータッチのまま、社長に就任したというケースが圧倒的なのです。

そんな事情もあって、最初のうちは、会社経営にまつわるお金に関する関心事といえば、節税対策や資金調達ぐらい・・・。「財務」となると急にわからなくなってしまう、そんな社長が、日本の中小企業の大半を占めるのではないでしょうか。

ですから、もし、今の現状が、目先の仕事と資金繰りに追われてしまっていて、今のことしか考えられない、あえて言うなら「税金を払いたくないから節税したい・・・」「銀行からもっと低い金利で借入したい・・・」といった対処療法的な目線のみに留まっているのであれば、一刻も早くそこから抜け出さなければならないのです。

なぜなら、財務を「戦略」と捉えるならば、資金調達や節税対策などは、その戦略を支えるためのイチ「戦術」にすぎません。自社の基盤を支えるしっかりとした財務戦略なしに、無理な売上拡大や場当たり的な資金調達・間違った節税対策を繰り返していたのでは、財務を強化するどころかむしろ棄損してしまっているということに気が付かなければならないのです。

上場企業なら、財務担当役員を雇うこともできますが、中小企業の場合にはそうはいきません。だからこそ、財務は、社長が担う事業永続のために最も重要な仕事であるということを、社長自身がよくよく認識しておかなければならないのです。

その一方で、こんな話をすると、「ウチの会社のお金のことは経理担当者に任せている」という答えが返ってくることがあります。ですが、そもそも「経理」と「財務」は全く別モノであるということを知っておかなければなりません。

経理は、「既に動いたお金の管理をすること」であり、あくまでも「過去」を起点とします。日々の取引の記録をしたり、財務諸表をつくったりするのが仕事です。それに対し、財務は、「これから動かすお金の管理をすること」であり、あくまでも「未来」を起点としています。将来の経営計画を策定し、如何に儲かって潰れない会社にするのか、利益を出してお金が残る強い財務体質にしていくのかを考え、その材料として、財務諸表を使いこなすのです。

将来に向かって自社を成長発展に導くとともに、社員や家族を守り抜くという決意と覚悟さえあれば、自ずと、事業永続のキーポイントは「財務中心の会社づくり」にあるということに、辿り着くものです。

だからこそ、時代の変化や経済環境の逆風にも負けず、悠々と長く勝ち残っている社長が、密かに、財務中心の会社づくりを行っているのです。

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×