トップ > プロセス

プロセス

SPECIAL
人事制度コンサルタント

中堅職層の社員を採用する秘訣

社員を採用する時、中堅職層(プレイングマネージャー)の採用には細心の注意が必要です。  マネジメントが出来る社員を採用する時に、「部下を指導した経験がある」という応募者の話を安易に受け止めて採用すると、後で大きな問題を生じさせること…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルタント

組織を駄目にする社長の思考

「うちの社員ではそれは難しいと思います。」―――経営者に対して何か新しいことを提案したときに、このような反応があることも多いです。 確かに「戦略は組織に従う」との表現もあるとおり、戦略オプションの自由度はその実行の担い手である社員の…

詳細はこちら

SPECIAL
環境ビジネスコンサルタント

展示会で思うこと

私は環境ビジネスを主な守備範囲として、海外展開のためのコンサルティングを提供しているのですが、営業開拓のために展示会を使うことが少なくありません。自社出展をする場合もあれば、展示会に出展している会社の中で海外市場に向いた技術やサービ…

詳細はこちら

SPECIAL
人事制度コンサルタント

働き方改革に成功するための仕組み

『同一労働・同一賃金』対策。 それにはどのようにしたらよいのか、経営者は悩んでいます。  同一労働であることを確認するためには、2つのことが必要です。 それは「どれほどの結果を出しているのか」 「そのプロセスは成果を上げているか」 …

詳細はこちら

SPECIAL
業績を伸ばす、アクティブメンタル体制コンサルタント

自律型社員を育てるために、最も重要な「対話」に欠かせないもの

働きがいのある職場づくりにアクティブメンタル

「管理職のモチベーションが下がっているようなんです。というのも、彼らが部下を育てるということが出来ていないのです。日々の業務に追われているというのも事実なんですが。部下にとっては、上司との関係悪化が大変なストレスにもなっているようで…

詳細はこちら

SPECIAL
人事制度コンサルタント

働き方改革に成功するための仕組み

日本中の経営者が働き方改革に関心を持って、今まさに取り組みを始めようとしています。 私の今までの経験から、働き方改革に成功するためには、その前に「ある大切な仕組み」を作る必要性があります。 多くの企業は過去にコンサルタント等の専門家…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルタント

「情報発信」を長く続けるコツとその効果―常に「問題意識」を持つことの意義―

経営者が「情報発信」を続けていれば、必ずと言っていいほど「ネタ」に困る時期が出てきます。 当初、自社の持つストーリーやエピソードなど、あらかじめ準備したコンテンツでかなりのところまで行けるのですが、やがてそこから発生させた横展開や多…

詳細はこちら

SPECIAL
『業績3年 先行管理』の仕組みづくり専門コンサルタント

手段にハマる社長と手段を活かす社長の違い

活用するほど 安心するのか、何もしないほど 安心するのか

「もう慣れました。うちのM社長は勉強熱心なんですよ。現場は悲鳴を上げていますが…。」  営業部門の責任者、T本部長は、申し訳なさそうに小島に話しかけます。  「そうなんですね。もし、よろしければ背景を教えていただけませんか。」 社長…

詳細はこちら

SPECIAL
『業績3年 先行管理』の仕組みづくり専門コンサルタント

先見の明がある社長は“こだわり”を使いこなす

企業の成長は、いつから衰退へと 変わるのだろう 社長は先見の明を持て

「社長のこだわりが強すぎて、ついていくのがやっとですよ」 コンサルティングを終え、最寄り駅に向かう車の中。役員のKさんは、ハンドルを握りながら小島に胸の内を明かします。 この数分前。Y社長は、小島に愚痴をこぼしていました。 「すぐに…

詳細はこちら

SPECIAL
環境ビジネスコンサルタント

意思決定の重さ

好むと好まざるに関わらず、コンサルタントをしているとクライアント企業トップによる重要な意思決定の場面に立ち会うことがあります。その場面に至る経緯を分かっていればこそ、経営者として感じるプレッシャーを私も肌に感じるのですが、なかなか言…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×