プロセス

2018年05月09日(水)開催 社員教育よりも、「人が育つ環境」をつくる!誰も教えてくれなかった5つの法則で「自走式組織」をつくる方法!セミナー

社員20人以上の会社で、未来に向けて人と組織を育て、着実に成長する会社経営にしたいとお考えの社長様へ 会社が目指す「理想の姿」に向けて、社員同士で主体的に教えあい、育て合う。環境変化に合わせて社員が自分で考え、問題解決する。そんな人…

詳細はこちら

SPECIAL
波及営業コンサルティング

ホームページも「初対面」で、9割決まります。

「お陰様でホームページを変えてから問い合わせが増えています。また少し改良して見たので、ちょっと見てもらえますか?」 顧問先から連絡で、1ヶ月ぶりに同社のサイトをチェックしてみました。 前よりも、わかりやすくなっていたのですが、ちょっ…

詳細はこちら

SPECIAL
業績を伸ばす、アクティブメンタル体制コンサルティング

社長が知っておくべき、人が変われば組織が変わる恐ろしさ

アクティブメンタルな組織作りを行うにあたり、社長自身の本気度と根気が必要であることは言うまでもありません。ですが同時に、社員が「やらされ感」を感じず、他人事ではなく自分事として捉えてもらうために、社内プロジェクトとしてチームを作り、…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルティング

社長が持つべき、自社の優位性を築くために欠かせない視点

ヘーゲルの弁証法という考え方があります。テーゼ(安定)、つまり世の中で広く信じられていることや受け入れられていることに対してアンチテーゼ(否定)をぶつけ、その対立する両者を合わせ飲んでアウフヘーベン(止揚)することで、高い次元の新た…

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルティング

「書く」ことは社員へのラブレターであり、事業における逆算のパフォーマンスである。

「書く」ことに対して苦手意識を持つ経営者は多いものです。 パソコンがうまく使えない、パソコンを使って美しい企画書を作成するといったような手法の話ではありません。経営者が「考えたことを言葉にし、紙に定着させる」ことができているか、とい…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルティング

社長が押さえておくべき「武術」と「経営」の共通点

先日、ある経営者の方から武道と武術の違いについて教えていただきました。武道は決められたルールに則って、スポーツとしてその技を競うもの。一方、武術は実戦の場において相手に勝つ、正確に言うと相手に負けないための術を身につけるものだと。 …

詳細はこちら

SPECIAL
ミッションマーケティングコンサルティング

第92号:ゴール設定の違いが、成長企業と衰退企業の分かれ道

ある住宅会社さんからのお話ですが、先日開催したイベントで目標を大きく上回ることができました。結果を数値で確認することで結果の出ているイベントと芳しくないイベントの違いが明確になり、さらに、結果を出しているイベントの責任者の仕事のプロ…

詳細はこちら

SPECIAL
スクールビジネス構築コンサルティング

コンプレックスの克服が、あなたの独自コンテンツになる

天才よりも、試行錯誤して結果を出した人の方が、先生として長期間活躍できます。 コンプレックスに向き合い、克服することで独自コンテンツを作り上げましょう。 人気スクールの先生たちの話を聞いていると、多くの人がコンプレックスの克服を通じ…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×