トップ > 受注

受注

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルタント

社長の目線は○○○か○○○か・・・―経営者のマインドが地方企業の趨勢を決める―

地方の企業及びその経営者を対象にして仕事をしていますと、次第に2極化が進んでいることに気がつきます。 もちろん、過疎化高齢化が進んでいる中、全体としては厳しい状況にあることは間違いないのですが、元気のある企業が少しずつ表れ始めている…

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルタント

やると決めて行動する

さて今回は、「やると決めて行動する」です。 昨日から、現在指導中のクライアント先の社長さんが我社を見学に来ています。 まだ指導途中ではありますが、すでに自社で販促活動をし、直接お客さまから受注出来、実際工事を行い回収までの流れをすで…

詳細はこちら

SPECIAL
知財・ライセンスの収益化コンサルタント

AI・IoT導入と知的財産取得の共通点

「後藤さん、当社では製造現場での自動化を進め、IoTも積極的に導入しています。昨今、若手人材が入社しなくなり、職人が激減していく中で、生き残っていくために必要と考え、それなりの投資をしているんです。」 これは、先日訪問した会社でヒア…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルタント

どういう時に、別会社を起こすのか?特殊加工業K社は、いまの事業では、年商5億が限界と感じていた。

「矢田先生、先が見えてしまっています。」 特殊加工業K社は、コンサルティングのフォロー期間に移っています。 今期の着地予測は3億円、来期以降は毎期十数%の伸びを予定しています。すべてが仕組みで回っていることを実感できます。 しかし、…

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルタント

ルールと仕組み化

さて今回は、「ルールと仕組み化」です。 中小企業以上の会社では、その会社の仕事のやり方のルールや、組織で業務を遂行する仕組みというものが存在していると思いますが、従業員が5人以下の零細企業専門工事店の場合、そのお店のルールというのは…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルタント

社長のハッタリがリアル(実力)を作っていく―「情報発信」によるキャリア形成―

私は30数年前、東京は神宮前で友人と起業した会社を経営していたことがあります。その会社を10年ちょっと経営した後、故郷である鹿児島に帰り、しばらく税理士として地方の中小企業のサポートを生業(なりわい)にしていました(これは現在も続い…

詳細はこちら

SPECIAL
年商10億事業構築コンサルタント

製造部や施工部が、営業活動をガツガツやることは絶対にありません。その特性を上手に使って、成果を出すことを考えてください。

建設業N社長は、施工部の課長を連れて大手企業A社を訪問しました。 N社長自ら飛び込み営業をし、部長クラスとの面談に繋げることに成功しました。その面談での課長の態度に、怒れてしまいます。 「彼は、お客様の前で、ネガティブな発言ばかりす…

詳細はこちら

SPECIAL
10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

特別な売上の、その先

Fromノグチ  久しぶりに伺った会社で、社長さんと  「よく覚えてくれていたね。そうだったね、あの時は、失敗だった。」 失敗だった、と言いながら、顔は笑っています。 「あの時は、とにかく売上が上がりすぎてパンクしたね。」(大笑) …

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルタント

我社のお客さまとは

さて今回は、「我社のお客さまとは」です。 先日、隣家の解体が終わったから、その面の外壁トタン貼りを見積もってほしいとの電話をいただきました。 「それでは、一番早くだと、明日の3時に伺えます。」 そうお伝えするも、 「明日じゃ遅い!な…

詳細はこちら

SPECIAL
『業績3年 先行管理』の仕組みづくり専門コンサルタント

社長と社員が3年先の業績を試算する価値

3年先を見据え 先に手を打たなければ、現状維持という名の 衰退におちいる

「小島先生。予実績管理をやっているのですが、あまり効果が感じられず困っています。」  E社長が相談に来られました。この会社は、工場のある設備に関する技術支援に強みがあるそうです。社員数十名と小さな会社ですが、大手企業が手をつけないニ…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×