トップ > コンサルタント名鑑・エッセンスブック > ホスピタリティを経営戦略に生かし収益を最大化する5大ポイント

ホスピタリティを経営戦略に生かし収益を最大化する5大ポイント

ホスピタリティを経営戦略に生かし収益を最大化する5大ポイントモノの時代からココロの時代を勝ち抜く戦略

著  者:
船坂光弘(ふなさかみつひろ)
ページ数:
68ページ
サ イ ズ :
A5判
販売価格:
2,200円(税込)
出 版 社:
日本コンサルティング推進機構
I S B N :
978-4-908617-70-6

忙しい社長が30分で要点をつかめる、JCPO社長のためのエッセンスブックシリーズ。「お金になるホスピタリティ」構築の専門家が、ホテル、ウェディング施設、トリマー業界、ドレスショップ、旅館業、病院、介護施設…など、これまで100社以上で積み重ねてきた経営に活かすホスピタリティノウハウを分かりやすく解説した貴重な書。

第1章 どうすればホスピタリティを儲けに変えられるのか?

第2章 協働により収益を最大化する組織戦略とは

第3章 ソフト力で他社と圧倒的な差別化を図り、この時代を勝ち抜く

第4章 経営理念を現場に落とし込み運営力、企業力を最大化する

第5章 ホスピタリティをマネジメントに生かし生産性を最大化する

 

JEB307 船坂光弘 ホスピタリティを経営戦略に生かし収益を最大化する5大ポイント

 

 

 

 

著者 船坂光弘 について

大学卒業後、新卒でホテルのオープニングを経験し、以降17年間ホテルマンとして現場でホスピタリティを体現。

ホテルマン時代には、ベルマン、フロント、販売、バンケット、企画、宴会予約、ウェディングなど様々なセクションを経験し、業務改革のプロジェクトにも多数関わった。

2005年にホテルの業務改革プロジェクトのリーダーを務め、ウェディング部門においてハード・ソフト両面で改革し、2005年日本のホテルウェディング売上増部門では帝国ホテルを抜いて全国第1位となり、地方ホテルとしては異例の日本一を実現した。

その経験を生かしてホスピタリティこそサービス業の核心だと実感し、2008年にザ・ホスピタリティチーム株式会社を開業。

いかにハードが良くてもスタッフの心、ホスピタリティが足りなければサービス業としてビジネスは上手くいかない。単なる接客を超えたホスピタリティビジネスの新たな可能性を感じ、多くの企業に新しいホスピタリティビジネスを創造することにより、サービス業界の発展と輝きのある社会を目指している。

今まで100社以上の実績と経験を生かし、ホテル、ウェディング施設、トリマー業界、ドレスショップ、旅館業、病院、介護施設等今まで100社以上の実績を持ち、コンサルタントとしても2012年京都のあるホテルのプロジェクトで日本一に導いている。様々な業種のホスピタリティの創造に向けたコンサルティングを全国で展開。

成果においても売上157%、売上1億円アップ、利益率187%、新規ホスピタリティビジネスで売上1億円達成等様々な結果を残し、クライアントからの信頼も厚い。

1969年生まれ、日本大学理工学部卒

著者のコラム、セミナー情報はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×