トップ > コラム > 「第一歩目から間違えると結果は出ない」

「第一歩目から間違えると結果は出ない」

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

2016-03-26-20.43.46_R

早いもので、もう今年も半分過ぎてしまいました。2016年も今日から折り返し、後半戦ですね。あなたの工事会社の今年の事業計画は、遅れなく進んでいますか?ますます順調に商売繁盛していますか?

先週は、弊社主催東京セミナーを開催しました。

今回も下請の仕事に将来の不安をお持ちの経営者様が複数お見えになりました。毎回、冒頭に下請専門工事業者から元請専門業者に変化していく時に、なぜか必ず間違える、失敗することを初めにお伝えしています。

それは、弊社が20数年前、下請脱却を思い立ち、様々な方法を試したことの中から、実際に失敗した経験をまとめた、小さな専門工事会社がやってはいけない事柄です。

この、「あること」とは、知らず知らずに犯してしまう事柄です。これを間違えると折角直販受注を目指した経営改革をしようにもアクセルにならず、ブレーキになって、うまく軌道に乗らないままどんどん失速してしまう重要な事柄です。

詳しくは、村松まで個別にお問合せくださいね。

さて、今回は「第一歩目から間違えると結果は出ない。」です。

直販受注の第一歩は、初めはみんな不安です。でも、その第一歩を自分で決めて歩まない事には、あなたの会社は永遠に下請のままです。失敗しないように、様々な準備や勉強、セミナーにも行ったかもしれませんが、実際、第一歩目の行動をしない限り、頭の中だけでは何も変わらない訳です。

それでも不安は尽きませんよね。人は、新しい事を始めるより、今まで通りを繰り返すことの方が楽だからです。そして、日々日常の仕事はそれなりに回っていたりすると、どんどん後回しになって、知らない間に、半年、一年が過ぎてしまいます。

このコラムをお読みのあなたは、おそらく、直販化に向けた、何らかの一歩をお考えか、或いは一歩を踏み出している方と思います。うまく行っていますか?行きそうでしょうか?

例えば、ダイエットや、禁煙をうまく成功させるには、どうしたらいでしょうか?

筋トレをひたすらガンガンやりますか?一人で食事制限します?黙って禁煙宣言してみましたか?きっと続かずうまく行かなかったのではないでしょうか。

でも、比較的早く成果を出す方法があるのです。

それは、一人でやらずに、先に成功している人にやり方を教えてもらって、一緒に取り組んでもらう。そして進捗のチェックをしてもらうことです。

ポイントは、「一人でやらず」です。

あなた専用のコーチをつけて、最初の一歩を踏み出すことです。そして回り道しない実践を繰り返すことです。アドバイスを受けながら早く効果が出る事を習う、チェックを受けるを繰り返すと、失敗のリスクが少なく短期間で成果が出るのです。

これは専門工事の直販化も一緒です。「一人でやらず」一緒に取り組み、進捗の目付役を置いて、強制力をつけておくのです。これが一番早く結果が出ると思うのです。

あなたの元請化を実現する、あなたの専門のトレーナーは周りにいますか?

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×