トップ > コラム > 売れる店になるための8つのチェックポイント

売れる店になるための8つのチェックポイント

  出前・宅配 牧泰嗣 SPECIAL
牧泰嗣 SPECIAL

出前・宅配コンサルティング

有限会社マクウェル 代表 牧泰嗣

指導歴12年。これまでに118店舗で実績を上げてきた辣腕コンサルタント。各会社、店舗の状況にあわせ、確実に収益の上がるオリジナルの出前・宅配ビジネスづくりを指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


第75回2

「宅配用パソコンを購入し、出前館にも登録をして、チラシを作って、宅配を始めたけれども上手くいきませんでした」と、こんな相談をいただくことがあります。

出前・宅配は馴染みがあって、誰にでも簡単に始めらそうに思えるのでしょうが、いざやってみると売上が伸びずに、経費だけがかさんでしまう店も多いのです。

上手くいかない主な理由は「出前・宅配=簡単にできる」という思い込みがあるために、自己流で始めてしまうからです。

出前・宅配にも売るための王道があります。それを無視してしまうと売れるものも売れなくなってしまうのです。シンプルなもの程、奥が深いことが多いですから。

もしも「出前・宅配をもっと売れるようにしたい?」と思ったら、次の1~8について、現状はどうなのか、問いかけてみましょう。

1.店や在庫・備品はきれいになっているか?

2.商品は、見た目にも食べても美味しいか?

3.品揃えに魅力はあるか?

4.価格は、適正になっているか?

5.販売促進の質と量と方法は正しかったか?

6.商圏は適正に設定されているか?

7.配達時間はどのくらい掛かっているか?

8.配達時の対応はどうだったのか?

なかには、「競合店に負けてしまっている」「市場が悪い」と考えてしまうこともありますが、それこそ思い込みです。

このような発想をしている店ほど、売れていない原因は自店の中に潜んでいます。そして、それに気付いて解決した途端に大きく業績が伸びてくことが殆どです。

もし自問自答してみて「あー、そうか!」と気付きがあれば、そこを修正していけば業績は上がっていきます。

しかし、自店のことになると主観的になってしまって、客観的に見ることができないことも非常に多いのです。そんなときには、プロに相談するのが一番です。

ゴルフもそうですが、自己流でいくら練習しても上達はしませんし、悪い癖がついてしまうだけです。

厄介なことに、悪い癖はすぐに身についてしまい、自分ではなかなか気がつきません。しかし、プロがみればすぐに悪い癖を見抜いて修正点を教えてくれます。

ビジネスもこれと同じです。間違った努力をしても業績はよくなりませんし、かえって悪くなってしまうだけです。

出前・宅配に精通した第三者に客観的に見てもらうことで、悪い癖を見つけて修正することができれば、売上も利益を伸びていきます。

一度、自店を客観的にチェックしてみてはいかがでしょうか?

きっと大きな気付きがあります。


当コンサルタント開催セミナーがあります。

【出前・宅配の視点】これから儲かる「お届けビジネス」のポイント
牧泰嗣

出前・宅配コンサルティング

有限会社マクウェル代表

牧泰嗣

執筆者のWebサイトはこちら http://dtbc.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×