トップ > コラム > 社長のメディア発信力が企業の盛衰を決める時代  

社長のメディア発信力が企業の盛衰を決める時代  

  地方メディアの高度有効活用 海江田 博士 SPECIAL
海江田 博士 SPECIAL

地方メディアの高度有効活用コンサルティング

株式会社メディアコネクション 代表取締役 海江田 博士

広告分野における地方メディアの高度有効活用を専門とするコンサルタント。東京在住中のマーケティングビジネス経営の経験と地方企業への経営革新支援ノウハウの融合させた、独自の「儲かるための広告戦略」を開発。自らも成功実践事例として、地方メディアを舞台に展開。


Kaieda18

これまでもずっと言い続けてきたことですが、ビジネスというのは顧客に支持されてはじめて成立します。

「顧客の支持」というのは、これまた当たり前のことですが、

「こちらの提供する商材やサービスを受け入れてくれた上で、対価を支払ってもらうこと」

を指します。

対価の回収(通常は金銭での)まで含めて完結しなければビジネスとは言えません。

しかし、実際のビジネスにはこれ以前に「助走期間」があります。

つまり、提供する商材やサービスを受け入れてもらう前に、まず知ってもらう、というプロセスがあるのです。

ここの手順を踏まなければ始まりません。

商売というのは、何といってもこちらの存在を知ってもらわなければ、顧客の支持も何も始まらないわけです。

以前は、ここのステップについて格別努力する必要がありませんでした。

特に地方の場合、以前にも書いたように、商売においても地縁血縁関係をベースにしておりましたので「知ってもらう」という努力の必要性が薄かったのです。

ところが、現代は全く異なる状況になってきました。

こちらの存在を、より広く、より深く、より正しく知ってもらうということが極めて重要な時代になったのです。

この「より広く、より深く、より正しく」というのには、それぞれちゃんとした意味があります。

まず、「より広く」ですが、狭い地域における地縁血縁にのみ頼り切ったビジネスでは、事業の維持が難しくなった今、より広く、より多くの人にこちらの存在を知ってもらう必要があります。

その大きな分母をベースに、できるだけ多くの新しい顧客候補に選ばれなければなりません。

「より深く」というのは、こちらの事業に対する姿勢や考え方を知ってもらうということです。

何故ならば、地縁血縁を離れた新しい顧客にアプローチしていく訳ですから、向こうはこちらのことを全く知りません。

ですから、こちらが何者でどんな考えを持っているのか、改めて知らせなければならないのです。

「より正しく」というのは「より深く」と似ているように見えますが、少し異なります。

それは誇張やウソがあってはならないということです。

例えば、悪意はなくとも「より深く」の思い入れが大きいあまり、誇張や思い込みが強く発信され過ぎると、致命的な批判(炎上とか・・)を受けてしまう可能性があります。

このように、ビジネスにおいて情報発信力が極めて重要な時代となりました。

ただ、そのとき上記のような点に気をつけて発信する必要があります。

さて、問題は、その手段です。

これは以前に比べて実に様々な情報発信の媒体が選択できるようになりました。

それぞれの媒体の特徴、取り組む際の考え方、気をつけなければならない点などについて次回から触れていきたいと思います。


企業の盛衰を決める社長のためのメディア戦略
海江田 博士

地方メディアの高度有効活用コンサルティング

株式会社メディアコネクション代表取締役

海江田 博士

執筆者のWebサイトはこちら http://mc-kaieda.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×