トップ > コラム > 望む未来をあとまわしにしない

望む未来をあとまわしにしない

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

「村松さん、350万即決契約決まりました!ありがとうございました!」

更に、午後からも、

110万の契約も取れました!ありがとうございます!」

新規クライアントさんから、今日こんな嬉しい報告をいただきました。

今まで下請ばかりの工事をしていた方です。

我社のやり方を愚直に真似され、即、実際の行動に移した方です。

私のコンサル指導を受けられ、元請化の取り組みを始めてまだ日が浅い方でしたが、とにかく実行力が、ずば抜けて高い方でしたので、結果も早くに出るだろうと思っていましたが、予想をはるかに上回るスピードで初の成果を手に入れました。

下請脱却のコンサルタントとして、こんなに嬉しいことはありません。

今後の活躍が本当に楽しみなクライアントさんです。

さて今回は、「望む未来をあとまわしにしない」です。

あなたは、なにか新しい取り組みを考え実現するために、どれだけ時間を割いていますか?

普段の仕事はおそらく忙しくお過ごしのことと思います。期限のある工期や、見積提出、打ち合わせ、それに付き合いや会合。全部相手のある、やらざる得ない事が毎日連続しているはずです。休日もそれらによって無くなりながら一年が過ぎているのではないでしょうか。趣味や仕事以外の事には、時間をさけることもあるでしょう。

でも、将来に向けた、「新たな取り組みのための時間」はどうでしょうか。

時間があった時に進める、そのうちやってみるという考えでは、ほとんど進みません。いわゆる「あとまわし」になるからです。

実に仕事に関わる新規の取り組みと向かい合うには、相当の時間を要しますし、上手く軌道にのせるまでは相当のエネルギーを必要とします。

やれたらいいなといくら思っていても、日にちだけが過ぎて行ってしまうものです。

いつまでという具体的な期限がないから当然遅れるわけです。

そんな自社の未来を創る新たな取り組みを実現するにはどうしたらよいと思いますか?

一日は誰しも24時間しかありませんし、今ある仕事は待ったなし。

それでも時間を捻出するのです。それともう一つは強い信念。そして出来る人と手を組む

この三つが無いと短期間で目指す未来像は手に入れることは不可能です。

そして、これらを準備できるのは、会社でただ一人、社長のあなたしか出来ないはずです。

「望む未来をあとまわしにしない」

あなた本気で取り組んでいますか?

もし、あなたの会社の未来像が、専門工事で直接受注比率をアップし、売上より利益重視の会社だとしたら、きっと参考になる本をご紹介します。

「専門工事で直接受注100%をめざす!1年で「脱下請」するしくみ」です。

私の考え方や取り組み、実際の事例など盛り込んだ内容となっています。

なるべく理解しやすいように、見開き左ページには具体的な図解や写真で構成しています。

専門工事の強みを最大活用した直販受注をお考えの方には必ず道しるべになるはずです。書店にない場合は、アマゾンからが早いです。まずはお手に取ってみてください。

 

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松が、実際の具体的な考え方、実務をあなたに直接ノウハウとして提供しています。どうしても気になる、うちの会社でも実現可能なのかのは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×