KKD+Tをマスターしているか

  実力幹部 高越宏和 SPECIAL
高越宏和 SPECIAL

実力幹部コンサルティング

株式会社エレフコンサルティング 代表取締役 高越宏和

社長が一人相撲をしていると、いつまでも事業にならない!戦略的に実力幹部を育てて、事業の仕組みとしていく具体視点…。


f8a52c75f9097fcf683ab22436ae067e_sバブル経済が崩壊して以降の「失われた20年」でKKD(経験・勘・度胸)に頼った根拠のない経営はダメだと言われてきました。

しかし、人材が限られている中小企業を動かすためには経営者の素質がすべてと言っても過言ではありません。

顧客第一で進むのか、従業員を幸福にしたいのか、経営者一族が儲かればそれでいいのか・・・方針は経営者の考え方にかかってくるのです。

ただ、中小企業であっても時代の流れとともに経営状況は変化するので生き残っていくためには経営者も成長する必要があります。その段階で必要になるのが(Theory:理論)です。

一般的に言われている経営理論は実は大企業でやっと適用できるようになります。書籍に書かれている通り実行してみて、うまくいかなかった経験はありませんか?グレーゾーンが多い中小企業では経営者のKKDが絶対必要なのです。そして会社が成長するにつれてT(理論)をプラスしていく必要があります。

中小企業時代にKKDを鍛える・・・加えてTを頭に入れておく・・・ つまり、KKDにTを加えることでやっと上昇企業の一員として脱皮できるのです。

これは経営者でも経営幹部でも同じ。またマスターした人材が多ければ多いほど経営は楽になります。

御社にはKKD+Tの人材が何人いますか?


【右腕づくりコラム】実力幹部をつくって業績を伸ばす
高越宏和

実力幹部コンサルティング

株式会社エレフコンサルティング代表取締役

高越宏和

執筆者のWebサイトはこちら http://eleph.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×