トップ > コラム > 違うタイプと組んで、事業展開のスピードを上げる

違うタイプと組んで、事業展開のスピードを上げる

  成長支援部づくり 岩井徹朗 SPECIAL
岩井徹朗 SPECIAL

成長支援部づくりコンサルタント

ヒーズ株式会社 代表取締役 岩井徹朗

会社の大元となる「総務」を革新すれば、すべての事業部に影響を与え、顧客志向になり、驚くほど業績が伸びる。経営者が着手すべき、「成長支援部づくり」を指導。

違うタイプと組んで、事業展開のスピードを上げる

日々いろいろな経営者の方に接していると、一口に経営者と言ってもいろいろなタイプがあることを感じます。

あえて、3つに分類すれば、職人型、発明型、そして、管理型です。

まず、職人型経営者

ご自身のやっている仕事が大好きで、最初から最後まで何でもやってしまうタイプです。自社の商品に強いこだわりを持っておられるので、頑固な方が多い気がします。

次に、発明型経営者

いろいろなアイデアを次から次へと思いつき、ビジネスモデルを構想するのが得意なタイプです。その発想力に多くの人が魅了されますが、反面、思いついた時点で本人の興味が失せることもあり、なかなかビジネスとして具体化しないことも・・・。

そして、管理型経営者

仕事を着実にこなしていくことに長けており、多方面にわたって目配りができるタイプです。安定した姿勢は人に安心感を与えますが、時には面白みに欠けるという側面もあります。

それぞれに長所、短所があり、職人型経営者だと、ご本人のパフォーマンスは凄いけれど、周りの社員がなかなかそのレベルについていけない、発明型経営者だと、幅広い興味を持っているので、外から見た時に、何をやりたいのかが分かりにくい、管理型経営者だと、管理のやり方によっては、せっかくの勢いがそがれてしまうというケースがあります。

創業者の場合、強烈な職人型や発明型であることが多く、会社が成長する過程において、マネジメント力を身につけることで、事業を続けておられます。一方で、二代目、三代目の経営者の場合、猛烈に働く創業者を見ているので、管理型を多少なりとも意識されておられます。

そして、創業者にせよ、二代目経営者にせよ、事業を長く続けている会社に共通していることは、自分とは違うタイプの人と一緒に組んで仕事をしているということです。

人には得手不得手があります。苦手なことにも挑戦することは必要ですが、経営者の場合、苦手なことの克服に時間をかけすぎるのは問題です。

弊社の場合で言えば、私が管理型であるのに対し、取締役は職人型。ここ数年で取締役が本格的に仕事に取組み始めてから、会社としての仕事の幅が広がってきました。

まずは、自分の得意なことを自覚すること。そして、得意でないことは、誰かと組むことでクリアすること。中小企業においては、経営者が一番力を発揮できる状況を作ることが、事業を長く続けていくための鍵を握っています。

先日お会いした経営者の方は、典型的な発明型。事業のポテンシャルとしては非常に大きいものがあるので、まずは管理型の人と組んで、ご自身が頭に思い描いている内容を分かりやすく翻訳してもらうことをアドバイスしました。

経営者が完璧である必要はありません。思い切って手放すことで、広がりが生まれ、事業展開のスピードも上がります

 

【総務の革新】成長支援部づくりで業績を伸ばす経営視点
岩井徹朗

成長支援部づくりコンサルタント

ヒーズ株式会社代表取締役

岩井徹朗

執筆者のWebサイトはこちら https://www.heeze.co.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×