素直な社員は○%

  組織の成長加速 木村英一 SPECIAL
木村英一 SPECIAL

組織の成長加速コンサルティング

株式会社グロースサポート 代表取締役 木村英一

組織の成長加速を促し、業績躍進を実現させる辣腕コンサルタント。これまで130社以上の企業において、経営者のコンサルティング、経営幹部、経営リーダーの育成に携わる。組織とリーダーの成長段階を知り尽くし、経営者と同じ目線で語ることのできる希有なコンサルタントとして活躍中。


「M&Aを加速させ事業領域を拡大させたい」「(そのための)事業を任せられる幹部育成を早急に進めたい」いずれ日本一を狙うであろう企業グループを率いるH社長から命を受けて、選抜された幹部候補のコンサルティングを担当していた時のこと。
若くして、H社長の目にとまる圧倒的な成果を上げて、新任役員になったSさんが言いました。

「木村先生、やはり素直じゃないヤツは、何やらせてもダメですよね。」
「彼は、もう34才だし、もう伸びないといます。」
「注意しても、言い訳ばかりで、改善まで時間がかかるんですよ」
と成果を出さない直属の部長の名前を挙げて、イライラした調子で言いました。
私は、間髪を入れず指摘させてもらいました。

「今のままならSさんには組織を作れません」と。


一度言ったら、言われた通り素直に実行し、成果を次々に上げていく人は、組織の中に3-5%程度います。しかし、この3-5%だけしか社員としてふさわしくないとすれば、経営は成り立ちません。

一方で、Sさんのように素直じゃない社員を目の敵にするリーダーが後を絶たないのも事実です。Sさんのように自分自身が、その3-5%であった人というのは、自分のように立ち回れない社員のことが理解できません。そして、素直じゃない社員に対して日々イライラを募らせていくのです。

Sさんのようなリーダーは、組織の中から自分に似た社員を見つけ出し、周りに配置しようと画策します。事が上手く運び、配置することができると、当然成果がでますから、益々自分の考え方に固執していくのです。

しかし、如何せん「素直100%の社員」は絶対数が少ないので、組織の成長は必ず歯止めがかかります。短期的に成果を出すことにプライドを持っているSさんのようなリーダーには、成長の減速は受け入れがたい。すると冒頭で紹介した様に、更に成果を出さない「素直じゃない社員」に更に厳しく接するというわけです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

Sさんと話をしていて、これまた以前担当したある企業の幹部社員、Oさんのことを思い出していました。Oさんも、Sさん同様に、それはそれは社員に厳しい人でした。ある社員は、Sさんのことを台風のようだと評しました。Sさんは自分の意向に沿わない社員がいると、徹底的に追求し、なぎ倒していったからです。

Oさんのお眼鏡にかなう社員だけでは、成果が頭打ちとなり、対応を変えることを迫られていた頃に私はOさんと出会いました。Oさんに、マネジメント技術の向上の必要性を説き、「素直じゃない社員に成果を出させる技術」を半年間かけてマスターしてもらいました。その結果、すぐにOさんは台風という不名誉な称号を返上します。

次の半年間では、他の事業部で成果が上がらない社員を引き取り、そのメンバーと共に、全事業部トップの成績を収めるまでになりました。そして、それは今でも継続しています。社長がOさんを評して曰く、「人材再生工場」です。


もちろん、全ての社員が、Oさんの手にかかれば再生するかといえば、違います。あらゆる組織に素直100%の社員が3-5%いるように、頑固100%の社員もまた10-15%いるからです。

20代から30代前半までなら、多少の頑固は修正可能ですが、40代、50代の年期の入った頑固社員は途方もない時間がかかります。組織の中で20年30年もの間、頑固を貫き通すには、そのための技術も高くなっています。40代、50代の頑固者の言い訳、カモフラージュ、のレベルの高さといったらありませんから。


話を元に戻します。

組織で成果を継続して上げるためには、組織の中の7-8割を占める「素直じゃない社員」と成果を上げることが絶対条件です。素直100%の社員は、会社にとって宝です。ですが、この人達は、放っておいても成果を出す人達。この人達を集めて成果がでるのは当たり前ですし、それをマネジメント技術の成果であるとは誰も見なしません。

素直な社員だけを追い求めるようですと、それは経営ではなく博打です。私達リーダーが研鑽するべきは、「素直じゃない社員に成果を出させる技術」です。組織で永続的な成果を出すためには、この技術の獲得こそが必須条件です。


さて、現在の御社は如何でしょうか?
素直な社員の獲得だけにエネルギーを費やしていませんか?
それとも、「素直じゃない社員に成果を出させる技術」の獲得にエネルギーを使っていますか?

 


経営者のための、「組織の成長加速法」
木村英一

組織の成長加速コンサルティング

株式会社グロースサポート代表取締役

木村英一

執筆者のWebサイトはこちら https://www.change-growth.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×