トップ > コラム > 知財交渉の相手先探しは長期戦覚悟で

知財交渉の相手先探しは長期戦覚悟で

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。


先週の金曜日、あるお客様に私の知り合いの社長様を紹介し、知財のライセンスについての打ち合わせをしました。

その社長様は「思い付きばっかりだけど」と言いつつ、参考になるアドバイスをたくさん頂戴しました。また、非常に人脈をお持ちの方なので、後日、知ってる社長に話を持ち掛けてみると約束をしてくださいました。

まだ具体的に話が進むかどうかはわかりませんが、長期戦覚悟でやってもらうよう、
お客様にもお願いしておきました。

前々回、知財のライセンス交渉は短期決戦という話をさせていただきましたが、それは、相手が大手企業で、候補がきちんと決まっている場合の話です。

知的財産権は持っていて、ニッチ市場でも事業化できれば面白いんだけど、使ってくれる相手がまだ見つからない・・・

そのような場合は、安易に大手企業に提案をもっていくより、チャレンジ精神があり、積極的に市場開拓に打って出たいと考える中小企業の力を借りた方が得策な場合があります。

この場合は、相手となってくれる中小企業を、じっくり探すべきで、逆に長期戦覚悟で相手先を探した方がベターです。まだライセンス交渉も始めていない段階から焦っても、何も得られないからです。

針の穴から少しずつ押し広げて、崩していくという発想も必要ですね。

 


【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×