トップ > コラム > フォロワーの製品開発は外部力の活用で

フォロワーの製品開発は外部力の活用で

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。


「社長、専門家やプロは外部にたくさんいるんです。何もかも自分でやろうとせず
プロの力を借りてチームでやることが御社の場合、特に大事ですよ。」

これは、先週ある会社での支援において別テーマでその会社のコンサルタントをしている方が社長に対しおっしゃった言葉です。

その会社では、事業化の本命としている商品の試作品製作がなかなか進まず、問題となっていました。

それまで、社長は頑固なまでに「自社の商品は自らが設計し自作する」という形で設計をしていたのですが、それでは埒が明かず、他社品のリバースエンジニアリングから
それを改造し、まず「動く」試作品を製作することに方向転換をしました。それとともに、事業化へのプロジェクトとして外部の力も借りるべく、動き出しています。

職人や研究開発の方にありがちなのが、「自分でやる」「助けを借りない」という
考え方です。

しかし一方では、自社よりもその製品について詳しい方がいらっしゃったり、すでに競合品が市場に投入されている場合も多々あります。いわゆる自社が「フォロワー」であるような場合です。

このような場合には、外部のプロの力を借りたり、競合品を分析して改造し、試作品を作った方が開発のスピードは格段に速くなります。

他社品の真似をしろと言っているのではありません。「参考にし、開発を加速しろ」と言っているのです。

そして、それと並行して、競合品の知的財産を調査分析し、かつ競合品にはない特徴を自社の知的財産化することも、同様に加速できます。

何もかも自分一人でやらないこと。
一人の力には限界があります。

プロを探し、力を借りましょう。

 


【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×