トップ > コラム > 知的財産に興味を持ち、関わらねばならない時代

知的財産に興味を持ち、関わらねばならない時代

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、今日の説明会はとても面白く、参考になりました。私、今まで全く知的財産に関わったことがないんですが、それでもこの塾に参加していいんでしょうか?」

これは、先週ある塾の説明会の後の懇親会でお会いした参加者のお一人が、私に問いかけた言葉です。

近畿経済産業局の補助金を活用し、「未来ビジネス・知財塾」を開講することになり、その説明会を大阪と兵庫で行ったのですが(私はその塾の知財活用について講師を受け持つ予定です)数多くの方にお越しいただきました。

その中でも知的財産に関する今までの関わり方、考え方は様々でしたが、多くの方は
「今まで知的財産に関わったことがない」
「弁理士資格を持っている方にお会いするのは初めて」
という方でした。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

この塾の目的の一つが「知的財産に興味を持ち、関わっていただく人を増やす=底辺を広げる」というところにありましたので、ある意味説明会にお越しいただいた方はこの塾にピッタリだということになります。

まだまだ、世間では「知的財産って知っているけど、よくわからないし、自分とは関係ない世界」と考えておられる方が大半だと思います。

この説明会でもいろんな方が登壇されて話をされましたが、知的財産は実は身近なところで関わりがあり、関わらなければある日、「突然死」を迎える(=自社のビジネスができなくなってしまう)こともあるという話も出ました。

知的財産に興味を持ち、関わらなければいけない時代になっているのです。

まずは知的財産に興味を持つこと。

そこから始めてください。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×