トップ > コラム > 「知ってもらう」ために知的財産をどう使うか

「知ってもらう」ために知的財産をどう使うか

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、当社の製品裏側に自社のロゴマークを付けてお客様に納めることも考えたんですが、結局やっていません。自社のアピールについては正直、あまり考えてこなかったです。」

これは、先日知財評価の仕事である会社を訪問しヒアリングさせていただいた際に、ヒアリングの中で社長様がおっしゃった言葉の一部です。

この会社は自社で長年培った技術力を背景に衰退する分野の中で頑張って業績を伸ばしておられる会社ですが、大手企業からの受注に依存し、自社のブランド認知はあまり考えておられなかった様子でした。

中小企業ではよくあるパターンかと思います。

その一方で、自社の技術を保護するため、今まで数多くの特許を取得されており、表彰も受けておられます。

あとは、この特許も含む知的財産をどうやって活用してブランディングしていくのかというのが、この会社の課題となっているようでした。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

ある会社が、オリジナルの製品開発に成功し、商品として売るためには、その商品の存在を知ってもらうことが大前提です。

これは、知的財産権を持っているだけではどうしようもない課題で、そこには「何を」「誰に」「何を使って」「どのように」売るかを決めるという「戦略」がなければならないですね。

上述の会社でも、独自開発製品はあり、インターネットではそこそこ売れているようですが、やはり「そこそこ」なのです。

本当に「売る」ためには、「仕掛け」が必要ということでしょう。

自社と自社の製品を知ってもらい、その良さを実感してもらうために必要な仕掛けを作り、そこに知的財産権をからめる(特許により技術力を、意匠によりデザイン性を、商標によりブランド力を)ことで、相乗効果が期待できる場合もあります。

ブランド力を高めるために如何にして必要な知的財産を取得し、活用するか。

数多くの特許をお持ちの会社様でも今一度、検討すべきではないでしょうか。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×