トップ > コラム > ライバルに対抗するための知財戦略構築を

ライバルに対抗するための知財戦略構築を

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、今日は有難うございました。改めて、当社も知的財産について勉強し、当社なりの知財戦略を作る必要があると思います。先日は、INPITの講習会に参加してきました。まずは、私自身がもっと勉強します。」

これは、先週ある会社で特許についての相談を受け、アドバイスさせていただいた後にその会社の社長がおっしゃった言葉です。

私にとっても、非常に有難いお言葉でした。

上述の会社でもそうなのですが、自社の技術とノウハウを活用して開発した製品に対し、競合品が必ず存在します。

中には、「当社の製品はオリジナルだから、競合品や競合他社は存在しない」とおっしゃる社長様もいらっしゃいますが、これだけ情報網が発達し、技術が発達した世界で、競合が存在しない製品やサービスなどないと私は考えています。私がさせていただいている企業の評価にも、競合分析は必ず行わないといけない仕様になっています。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

競合は、もっと安い製品を出してくるかもしれない。
 競合は、もっと付加機能を付けた製品を出してきた。
 競合は、お客様へのアフターサービスを充実させてきた。
 競合は、・・・

などなど、競合がどのようなことをしてくるか、いろんなケースがあり得ます。

その際に、自社はどのような戦略を立て、戦略実行のための戦術を実行するか。
その中で、どのような特許や商標を取得し、競合に打ち勝つか、あるいは競合と組んで相乗効果を生むためにどのように知的財産を活用するか。

これも、知的財産戦略です。

ライバルに打ち勝つ(あるいは、自らのテリトリーに引き込む)ための戦略をどうするか。

貴社でも、考えてみる必要があるのではないでしょうか。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×