トップ > コラム > 知的財産を活用した製品やサービスを「見える」形にする

知的財産を活用した製品やサービスを「見える」形にする

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「○○さん、これすごくいい商品ですよ!早く商品化しましょう。そのためのサポートはいくらでもさせていただけます。私も経験者ですから。まずは簡単なものでもいいから実物大のサンプルを作ってみましょう。」

これは、先日私のお客様と一緒にある会社の社長様を訪問し相談した際に、その社長様がおっしゃっていた言葉を意訳したものです。

私のお客様の中に、まだ世の中にないある商品のデザインを考案された方がいて、意匠権も持っています。そのデザインを使って商品開発してもらえるところを探しているのですがなかなか見つからないのですが、あるルートで同じような商品を個人で考案され、メーカーに採用されたご経験がある社長を知り、相談に伺ったというところです。

その社長も長年ご苦労され、試作や独自で外部展示もされたことがメーカーの目に留まり、採用されたようでした。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

そのときに力説されたのが「実物を作って見せないと説得力がないし、実際に使ってみて改善するところが沢山出てくる」ということでした。

私自身、最初から立派なものを作ることにとらわれてしまい、行動が伴っていなかったところもあり、反省もしながら聴いていました。

何より、私のお客様にはとても参考になったようで、改めて相談しながら試作も進めていくことになりました。

知的財産を持っていても、それを活用した製品やサービスが具体的な形で「見えて」いなければその価値はわからないという典型例だと思います。

また、実際に使ってみて安全性や性能の点で改善するところが見つかれば改善して
商品性を高め、それを知的財産で固めていくといった循環も生まれます。

他人にわかる形にして見せること。

大事ですね。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×