トップ > コラム > 新しいビジネスモデルはあきらめずに特許化の検討を!

新しいビジネスモデルはあきらめずに特許化の検討を!

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、これから進めようと思っているビジネスについて、特許を取得できるかどうか相談したんですが、現状では難しいと言われたことがあります。本当に難しいのでしょうか?今までにない新しい取り組みなので、何とかしたいんです」

これは、先日訪問した会社の社長が私に言われた言葉です。

その会社のビジネスは、会社の強みを生かした新たなビジネスモデルで、そのモデルに使う機器よりも、その機器を媒介として高齢化社会に適合した新たなビジネスを行おうとされていました。

私からは、まず従来どのような技術があるかを調べた上で、特許となり得るか、改めて検討しようということをお伝えしました。それと、まだあきらめるべきではないことも付け加えました。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

特許法上は、ビジネスモデルそのものは技術思想ではないため発明の対象ではなく、ITと組み合わせることが前提で、そのようにしてもなかなか特許になりにくい状況であることは確かです。

しかし、もしそのビジネスモデルが当該業界でだれもやっておらず、今後主流になると確信をされたならば、参入障壁として知的財産の取得と活用は何とか考えるべきだと私は思います。

上述の場合も、細かく話を聴いてみると「この部分を強調すれば何とかなる」と思うところはあって、そこから拡張して本来のビジネスまでいきつけるかどうかということがポイントになるというところでした。(抽象的で申し訳ありません。詳しいことはここでは書けないので)

つまり、「新しいビジネスモデルならば特許取得をあきらめずにつきつめて考えてみること」が大事ということです。

上述の場合は結果どうなるかわかりませんが、顧客と一緒にチャレンジしていこうと思います。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×