サクサク書けて集客につながるライティングのポイント | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

サクサク書けて集客につながるライティングのポイント

SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン

代表 

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

 「記事が上手く書けない」 

カウンセリングに申し込んでもらうためには、記事を書いて投稿するというアウトプット作業が必要です。 

でも、記事が上手く書けないという悩みを抱えている方が多いです。 

あるいは、頑張って定期的に投稿しているけど、なかなか集客につながっていない。

こういう悩みもよく聞きます。 

このような時、次のことを意識すると格段に記事が書きやすくなり、集客にもつながるようになってきます。 

それは・・・ 

《コンセプトに沿って記事を書く》

ことです。

クライアントに一貫して何を伝えたいか、です。 

クライアントが抱えている悩みの大元にある原因は何か、それを頭に入れておいて記事を書きます。 

例えば、私のカウンセラーである基本コンセプトは、《心の悪循環》です。 

それをウェブサイトのキャッチコピーにも使います。 

記事を書く時に基本的には心の悪循環という言葉を使います。 

今の悩みの大元にあるのは心の悪循環に陥っているからですよ。 

そして、心の悪循環を断ち切らないと改善していかないです。 

こういった文言を

うつ病の記事でも

アダルトチルドレンの記事でも

恋愛や夫婦関係の記事でも

不眠の記事でも

トラウマの記事でも

一貫して書き続けていました。 

「自由に記事を書いていいよ」と言われると実は筆が止まってしまいやすいです。 

それが「心の悪循環」という言葉を使うことで落としどころが決まっているので、とても記事が書きやすいです。 

それに、コンセプトを毎回入れた記事を量産することで次のようなメリットがあります。 

そのメリットとは? 

 

・・・

見込み客にあなたの魅力が刷り込まれていきます。 

独自性が際立ってくるので、見込み客は「カウンセリングを受けるならこの人しかいないな」と判断するようになります。 

「そうか、ずっと辛い思いをしていたのは悪循環だったんだ」

「それを解いてくれる専門家のところにいこう」

と読み手は自然と教育されていくんですね。 

だから私の受講生からは「悪循環コンセプトは最強ですね」「いいな~」と言われます。 

かなり教育されている証拠です() 

当然同じコンセプトでやってもダメなので別のコンセプトを相談しながら作っていくことがあるのですがコンセプトに沿って記事を書き続けていくと、まるで生き物のように記事やコンセプトが育ってくるんです。 

そうすると、人が集まってくるようになりますよ。 

ただこのコンセプト。

まずは仮決めでやっていくことをお勧めします。 

2、30記事書いていくうちにコンセプトが軌道修正されて徐々に良い形になることがあります。 

あるいは、実際にカウンセリングの現場でクライアントと話しているうちに突然ひらめくケースもあります。

なかには完璧なコンセプトが見つかるまでは記事を書かない人も見かけますが、それだと本末転倒になってしまいます。 

それと、もったいないなと思うことがあります。 

せっかくキャッチコピーができているのに、普段の記事ではキャッチコピーにかすりもしないことばかり書いていることです。 

決めたコンセプトに沿って2、30記事書いてみて、そこからコンセプトを育て上げていくようにしていきましょう。


やたtube(動画チャンネル)登録お願いします ⇒https://www.youtube.com/channel/UCuhEPMb08vPUbPxpxDY-ICg?view_as=subscriber

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。