トップ > コラム > 目標をすぐ忘れてしまいます

目標をすぐ忘れてしまいます

  開業カウンセラー 矢場田勲 SPECIAL
矢場田勲 SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン 代表 矢場田勲

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

 

目標が叶わない最大の理由って知ってます?

それは・・・

目標を忘れてしまうことです。

そんなバカな!

と思うかもしれないですけど事実です。

目標を設定したけど、ついつい毎日やることに追われてしまって目標のことを忘れがちになってしまう。 

私はよくあります!(キッパリ) 

大きな目標、小さな目標、いろいろあると思います。 

大きい目標といえば、起業することでしょう。 

あるいは、毎月の売り上げを100万にする。

こういうのも大きい目標ですね。 

でも、毎日やるべきことに追われてしまうことで目標を忘れていってしまうのです。

忘れてしまうということは、心の優先順位が下がってしまうといった方がいいかもしれません。 

優先順位が下がってしまっているので潜在意識的には、「この目標はどうでもいいことだな」という認識になります。 

そうなると、実際に目標が叶わなくなってくるのです。 

これは絶対に避けたいところですよね。 

だから、忘れない努力が必須なのです。 

忘れないために効果的な方法をご紹介しますね。

それは・・・ 

スマホの《リマインド機能》を使うことです。 

時間指定と毎日繰り返し設定をしているので毎朝通知がきます。 

これで毎朝目標を確認できるようになります。 

リマインダーはとても便利で、毎日の行動も時間指定でいれておくと、忘れることがありません。 

こういった便利なツールはどんどん活用していきましょう。 

これだけでも十分なのですが、私は古い人間なのでどうしてもデジタルだけで済ませない性分で紙媒体も使っています。 

コピー用紙に目標を書いておいてたびたび眺めています。 

手帳やノートではなく、コピー用紙にするのにはちゃんと意味があります。 

手帳代わりに数枚のコピー用紙をいつもカバンに入れて持ち歩いているのですが、少しずつ紙が折れ曲がったり汚れたりするんですね。 

なので、定期的に新しいコピー用紙に目標を書き直しています。 

その都度、目標を強く意識できるのです。 

こうでもしておかないと、人ってスグに忘れてしまうものです。 

私は、「絶対に忘れてしまう」という自信だけはあるので()、このように最近の便利ツールと昔ながらの紙で

何度も思い出すということをしています。 

そして、最近はアップルウォッチを導入しました。 

正直、iPhoneがあるから時計までは必要ないだろうと思っていたのですが、こんなにも便利だとは知りませんでした。 

先ほどiPhoneのリマインダーをお伝えしましたが、今はアップルウォッチで目標や本日の行動を知らせてくれます。 

腕に着けているので通知を絶対に見逃さないのがいいですね。 

アップルウォッチは他にもいろいろと便利機能があります。 

一つ一つの機能が画期的というわけではなく、地味に便利という感覚です。 

地味なんだけどやはり便利なので外す気になれないんですよね。 

アップルウォッチに関してはAppleの回し者みたいになるのでこの辺でやめておきましょう。 

本題は、

目標を設定しても、すぐに忘れてしまうもの。 

なので、毎日のように思い出す作業が必要だということです。 

ぜひ、目標を達成するためにやってみてくださいね。

 

____________________________________

やたtube(動画チャンネル)登録お願いします ⇒https://www.youtube.com/channel/UCuhEPMb08vPUbPxpxDY-ICg?view_as=subscriber

【開業カウンセラー】
矢場田勲

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン代表

矢場田勲

執筆者のWebサイトはこちら https://no1-support.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×