トップ > コラム > 「売上」を増やすだけでは、永続的な会社は作れない

「売上」を増やすだけでは、永続的な会社は作れない

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当社は、同族会社と社長の財産管理実務の専門機関なので、実に、様々な会社経営にまつわるお金の相談ごとが寄せられます。 

会社経営にまつわるお金の世界においては、間違った努力の仕方をしてしまった結果、社長自身気付かないうちに見えない落とし穴に陥ってしまっていることがよくあります 

ここであなたに質問です。もし、あなたが「会社の数値目標を教えてください」といわれたら、数値目標としてどんなものが思い浮かびますか? 

恐らく、一番最初に思い浮かんだのは、「売上目標」ではないでしょうか。 

私のこれまでの経験上、「数値目標」といえば、ほぼ100%の確率で「売上目標」という回答が返ってきます。そして、「それ以外の数値目標はありますか?」と尋ねると、ほぼ「ないです…」という回答が返ってくるのです。 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

会社で決定している数値目標が「売上」のみであれば、当然会社は、「売上至上主義」で全ての意思決定がなされるようになります。そうなれば、社長だけでなく、社員も「売上」を基準にすべての価値判断をするようになっていきます。 

この場合、例えば、売上を増やすために、押し込み販売や値引き販売をしたり、多店舗展開をしている場合には、銀行から借金をして新規出店を急ぐなど、みせかけの「売上」だけドンドン増えていってしまうのです 

みせかけの「売上」だけが増えた会社の場合、ほとんどのケースで「お金」が残りません。むしろ、お金は、ドンドン減っていってしまうものです。 

あくまでも、事業を永続させるためには、「お金」が絶対的に必要です。なぜなら、会社が潰れるのは、売上が減った時や赤字決算になった時ではなく、「お金」が尽きた時だからです。 その「お金」は、税金や借入金返済をした後に残るものです。 

具体的には、お客様からいただいた「売上」から、商品の仕入代金や社員の人件費などの「費用」を差し引き、そこから「税金」を払って、さらに、銀行から借りたお金の「借金返済」をして、その上で残る「お金」のことです。 

よって、売上規模以上に多額の借金を背負っていれば、当然、毎月の「借金返済」は苦しくなります。収益構造として、「売上」を上回る「費用」が発生するのであれば、そもそもの構造自体に問題があるため、遅かれ早かれ経営が苦しくなるものなのです。 

財務を知らない社長は、成功するための投資計画なしに銀行からお金を借りて「過大な設備投資」をしてしまったり、「間違った節税対策」をしてしまったり、どうやって返すかを考えないまま「場当たり的な資金調達」をしてしまったりします。 

しかし、社長が最もすべきことは、「儲かって潰れない」「利益を出してお金が残る」強い財務の会社づくりをすることなのです。 

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。 

あなたは、社長として会社の未来をつくれていますか 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×