トップ > コラム > 後継社長が会社にお金を残すための「財務思考」

後継社長が会社にお金を残すための「財務思考」

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

当社は、同族会社と社長の財産管理実務の専門機関なので、実に、様々な会社経営にまつわるお金の相談ごとが寄せられます。

財務(お金)というツールは、夢をかなえるためのひとつのツールでしかなく、とても強力です。正しい使い方を知らないととんでもないしっぺ返しが待っているのも事実です。例えば、急激にお金が増えて「このままきっと右肩上がりでいけるはず…」と錯覚を起こしてしまう社長さんもいらっしゃれば、一方で、正しくお金と向き合えない社長さんもいます。 

「自分は、金儲けが下手だから…」という社長さんのコトバを聞いたこと、ありませんかあなたは同時に、心の中で「経営者としての努力不足をお客様に責任転嫁するイイワケ?」とも思ったはずです。 

ご自身のことに置き換えて考えると、高くても良質で価値のあるものであれば、誰もが喜んで買い求めます。逆に、安くても粗悪で自分に不要なものであれば、欲しいと思わないはずです。 

「利益」や「お金」は、企業経営において、世の中に必要な商品・サービスを「価値」として提供した結果の対価です。そして、社長の仕事は、会社経営を通じて周囲の人々を幸せにすることです。よって、どんな事業領域であっても、その道のプロフェッショナルとして常に最高の商品やサービスを提供する覚悟がなければ、その商品・サービスは世の中に送り出してはならないのです。 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

あくまでも、会社経営において「お金」は事業永続のキーポイントです。 

お金が尽きたら、会社はあっという間に潰れてしまいます。よって、社長は、早い段階で「お金」と正しく向き合う努力をしていかなければならないのです。なぜなら、会社経営において、しっかりお金が残る仕組みを持つことこそが、あらゆる経営課題解決の第一歩だからです。 

ここでまず断言できることは、財務(お金)の悩みは、一過性のものではないということです。むしろ、放って置くほど、重症化していくようなものです。大切なことは、社長自身がその事実に気付けるかどうかということです。 

強く永続的な会社づくりを実現している社長は、皆、必ずと言っていいほど「財務思考」を兼ね備えています。社長自身が自ら意図して「財務思考」を身につければ、自社が抱えている経営課題の本質を見抜く力が宿ります。それと同時に「何が問題で、これからどうすべきなのか?」という経営判断に不可欠な情報を瞬間的に理解できるようになるのです。 

ここでいう「財務思考」とは、「会社と社長にお金を残す」ための考え方であり、具体的には、お金を「増やす」「守る」「引き出す」思考のことです。 

ご相談にお見えになられる社長さんからは、よく「こんなに早く解決するなら、もっと早く相談すればよかった…」というお声をいただきますが、それぐらいに「財務思考」がある社長、ない社長とでは、「見える世界」が大きく異なってくるのです。 

逆に、社長自身に「財務思考」がなければ、どんなに大量の数字情報を一生懸命集計して、グラフやデータの資料を作成しても、全く使い物になりません。プライベートな時間を犠牲にして、骨身を削って働いても、それが会社経営の質向上に繋がらない努力であれば、なんの意味もないのです。数字は正直者で、結果は全て財務(お金)に表れるのです。 

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。 

あなたは、社長として会社の未来をつくれていますか 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×