トップ > コラム > 顧客と寄り添ってこそ得られる醍醐味

顧客と寄り添ってこそ得られる醍醐味

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、後藤さんにもこの事業展開に参画してほしいんです。製品のデザイン企画段階から入ってもらい、どうやって製品を保護し、活用できる対策を打てるかを考えてほしいんですよ。」

これは、先日ある会社の社長と打ち合わせをさせていただいた際に、社長から提示された要望事項です。

通常、弁理士としての代理業務は

  • お客様から依頼を受けた技術やデザイン、ネーミングの内容をヒアリングする。
  • ヒアリング内容を踏まえ、どのような知的財産権を取得可能か、取得すべきかについて提案する。
  • 協議の結果決めた内容に沿って、代理業務をこなす。

という流れで業務を行っていますが、通常はすでにお客様の方で決めた技術やデザインがあり、それがベースとなって業務を進めていきます。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

上述の社長のように、企画段階から弁理士が参画し、こちらも提案をしながら内容を詰めていき、知的財産の活用も見据えて権利化していくアドバイスをすることは、まだ弁理士の中でもあまり行われていないように私には見受けられます。

しかし、知的財産を扱うコンサルタントが本来やるべきなのは、クライアントに寄り添うことであるとした場合、製品化の企画段階から参画し、販売拡大のためのビジネスモデルの構築にも意見発信し、決めたビジネスモデルを有効に実行できるツールとして知的財産を取得し、活用することが、特に中小企業では必要です。

ここに、コンサルタント、あるいはプロデユーサーとしての醍醐味があるのではないでしょうか。

上述の会社とは、今後ビジネスモデルも含め協議を進めることとしています。

活用できる知的財産は、クライアントと寄り添ってこそできるものあることを私自身再認識しました。

コンサルタントに限らず、「顧客に寄り添うこと」

大事ですよ!

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×